スポンサーリンク

【AEW】ダービー・アリンが「CMパンクの復帰戦の相手を務めたこと」を振り返る。「うまくいかなければ俺の責任に…」

インタビュー

2021年夏、CMパンクが約7年ぶりにプロレス界に復帰しました。復帰戦の対戦相手を努めたのは、AEWの若きスターレスラー、ダービー・アリンでした。

復帰後のパンクは若手レスラーたちと一緒に仕事をすることに前向きな姿勢を見せており、リッキー・スタークスやパワーハウス・ホブスらと戦いたい、とコメントしていました。PPV「ALL OUT」での復帰戦の相手にアリンが抜擢されたのも、こういったパンク側の姿勢が背景にあったにあったようで、試合終了後の記者会見の中で、パンクは「ダービー・アリンは俺の復帰戦の理想的な相手だった」とコメントしています。

2019年のAEW参戦後、強敵たちを相手に物怖じしない戦いを披露してきたアリン。とはいえ、あのCMパンクの復帰戦の相手を務める、しかもパンクの地元シカゴで…というのは、彼にとって非常に大きなプレッシャーだったようです。出演したPodcast番組の中で、彼はあの試合について振り返り、次のように語りました。

あの日のことは鮮明に覚えているよ。とんでもないストレスだった。だって、そりゃそうだろ。CMパンクが復帰してから最初の試合だし、もしダメな試合になってしまったら、責任は俺にあるような気がしたからね。

あの日は吐きそうだった。そこにスティングがやってきて、「君が信心深くないのはわかってるけど、君のために祈りを捧げてもいいかな?」と言ってくれた。で、俺はゴミ箱の上に立って、「いいよ」と返したんだ。

こういう時に大ベテランが気遣ってくれるのは、染みますね…。スティングは素晴らしいです。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

リオ・ラッシュが「プロレスラーが休息を取ることの重要性」を語る。「オフは重要。ストレスの多い仕事だから、休まないと燃え尽きる」
若くして様々な経験を積んできたリオ・ラッシュ。プロレス界から離れる決断を下したこともある彼にとって、休息を取ることは本当に重要です。 WWEのメインロースターとして活躍していた時に...
コーディ・ローデスのWWE復帰にあたり、ビンス・マクマホンがコーディ宅まで説得に出向いていたことが明らかに
2022年にAEWからWWEへ復帰したコーディ・ローデス。復帰の背景には、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンによる力強い説得がありました。 2022年のレッスルマニア38にサプラ...
タイトルとURLをコピーしました