スポンサーリンク

【AEW】CMパンクがCollisionの選手ミーティングを主導し、「Dynamiteとの差別化を図る方法」について議論していたと報じられる

ニュース

土曜夜に放送されている新番組Collisionは、CMパンクを中心とした番組製作を行っています。Dynamiteとの違いは、「彼との仕事を嫌がらない人たちが出演する」ということです。

2021年夏にAEWへ復帰したパンクは、2022年9月のPPV「ALL OUT」終了後のバックステージでThe Elite(ケニー・オメガ & ヤング・バックス)と大喧嘩して姿を消すまでの間に、一部の仲間たちとの人間関係に大きな問題を抱えていました。ハングマン・ペイジ、ジョン・モクスリー、クリス・ジェリコ…。The Eliteとパンクが直接やり取りをするのは弁護士から止められてしまうという状況です。

【AEW】CMパンクの復帰で新たな問題が発生してしまうことが懸念されていると報じられる。「ハッピーエンドにならない時限爆弾になる恐れ」
新番組Collisionの中心人物としてAEWへ復帰したCMパンク。 Collision初回放送では圧巻のプロモを披露し、その中でヤング・バックス(PPV「ALL OUT」の...

しかし、復帰後のパンクはこれまでの行いを反省し、リーダーシップを取っているようです。

Fightfulによれば、現地7月8日放送のCollisionの放送前にレスラーたちが参加するミーティングが行われ、パンク主導のもとで「Dynamiteに批判的だった人たちがCollisionを好きになるために、CollisionはDynamiteとどのように差別化を図るか」というテーマでのディスカッションがあったとのこと。試合のフィニッシュも含め、これまでの放送の中でCollisionにとって良かったことや悪かったことについて検討され、AEWがどのようにプロジェクトやショーを宣伝するべきなのか、安全に関するガイドラインはどうなっているか、といった話題も出たそうです。

レスラーたちがコンテンツについて自主的に考え、議論するのは大事なことです。パンクの復帰はAEWの重要なビジネスパートナーであるワーナー・ブラザース・ディスカバリーも強く望んでいたことだったので、今回ばかりは自分勝手に問題を起こすわけにはいきません。立場が人を変える…といいますが、これからのパンクは番組のリーダーとしてみんなを牽引していく必要があります。パンクはどのように変わるのでしょうか?

【AEW】復帰後のCMパンクは真剣に信頼回復に取り組んでいると報じられる。リーダーシップを発揮中
新番組Collisionの中心人物としてAEWに復帰したCMパンク。 2021年夏のプロレス界復帰から2022年9月のThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)と...

(WrestlingNews.co, Fightful)

あわせて読みたい

リオ・ラッシュが「プロレスラーが休息を取ることの重要性」を語る。「オフは重要。ストレスの多い仕事だから、休まないと燃え尽きる」
若くして様々な経験を積んできたリオ・ラッシュ。プロレス界から離れる決断を下したこともある彼にとって、休息を取ることは本当に重要です。 WWEのメインロースターとして活躍してい...
テディ・ハートが逮捕される(2年ぶり7度目)。信号無視で彼を捕まえた警察が車内で発見したものとは
何度も警察沙汰を起こしてしまうプロレスラーはいつの時代もいましたが、現代のプロレス界における代表的な存在はテディ・ハートです。 TMZによれば、現地7月14日、フロリダ州タイ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました