スポンサーリンク

【AEW】8万人規模のイギリス大会All In。イギリス出身のPACとジェイミー・ヘイターは出場できるのか?

ニュース

現地8月27日にイギリスのサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで開催されるAll In。チケットの売上が8万枚に近いところまで到達し、プロレス史上に残る大規模なショーになるこの大会では、地元イギリス出身のレスラーたちにスポットライトが当てられることが期待されています。

例えば、新日本プロレスのウィル・オスプレイはクリス・ジェリコとのシングルマッチが組まれるという報道もありますし、サラヤ(元WWEペイジ)も志田光の持つAEW女子世界王座を賭けた4wayマッチへの出場が決まりました。2人には大歓声が送られることでしょう。

しかし、AEW所属のイギリス人レスラーの中には、負傷により出場できるかどうか不透明な状況になっている人もいます。元AEW女子世界王座チャンピオンのジェイミー・ヘイター、そして元AEWオールアトランティック王座(現インターナショナル王座)チャンピオンのPACです。

Fightfulによれば、2人はAll Inに出場できない見込みとのこと。トニー・カーン社長はヘイターの負傷について「復帰許可がいつ下りるかはまだわからない」とコメントしており、All Inまでに許可が降りる見込みはないのでしょう。また、7月にBlood and Gutsマッチで復帰したPACは非公表の負傷を負っているとされています。

2人を欠いてしまうのはAEWにとって非常に大きな痛手になるでしょう。それだけに、出場できるオスプレイやペイジには大歓声が送られるはずです。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】All In&All Outのブッキングの噂。ケニー・オメガ、飯伏幸太、竹下幸之介はどの試合に出場するのか?
現地8月27日に開催される8万人規模のイギリス大会All In、そして翌週にシカゴで開催されるAll Out。AEWは立て続けにビッグマッチをブッキングする必要があり、そのストーリ...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンはAll Inでケニー・オメガと対戦することが検討されていたと報じられる
8万人規模のとてつもないショーになったイギリス大会All In。チケットの売上は、WWEが1992年に開催し8万人を動員したSummerSlamを上回り、ヨーロッパにおけるプロレス...
タイトルとURLをコピーしました