スポンサーリンク

【WWE】サミ・ゼインが俳優業進出への興味を語る。「Bloodlineのストーリーを演じる中で、演技の幅を広げられた」

インタビュー

プロレスは単なるコンバット・スポーツではなく、様々な要素が複雑に入り乱れたエンターテインメントです。特にアメリカではエンタメ色が強く、その演技性の高さから多くの俳優を生み出してきました。

近年の代表的な例で言えば、ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)やバティスタ、ジョン・シナがハリウッドに欠かせない存在として活躍中。ローマン・レインズにも将来的な俳優転向プランがあり、セス・ロリンズも興味を持っていることを明かしています。

【WWE】ローマン・レインズに俳優転身のプランが。ニック・カーン社長「ビッグプランがある」
WWE出身のハリウッドスターは少なくありません。 ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンやバティスタ、ジョン・シナは現役のトップアクターですし、かつてはハルク・ホーガンやロディ・パイ...
【WWE】セス・ロリンズが充実したキャリアと俳優業を語る。「今の俺はまさに全盛期」
2010年代以降のWWEでスター選手として活躍し続けてきたセス・ロリンズ。 The Shieldでの活動はもちろん、これまでの彼の活躍ぶりはよく知られています。しかし、新設された世...

そして、2022年にBloodlineのストーリーで大ブレイクし、その才能が再注目されることになったサミ・ゼインも、俳優業に興味を持っている選手の1人です。最新のインタビューの中で、彼はBloodlineのストーリーが演じることへの興味をかき立てたことを明かしました。

あのストーリーの深さと感情の幅広さで、演技の幅を少し広げることができた。本当に演技に魅了されたんだ。「演技って最高だな、大好きだ」って感じでさ。俺は演技の要素が強いプロレスが大好きなんだ。実際、俳優をやってみたいと思ってるよ。Bloodlineとの関わりが、扉を少し開けてくれたような感じだね。間違いなく興味はあるよ。

もし、純粋に演技を追求することに興味があるなら、活躍の舞台はハリウッドに限られない。地元の劇場で演じることもできるし、その方が興味をそそられるな…と思う部分もあるんだ。

純粋に演技を学ぶことに興味があるのか、それとも、WWEでの人気を利用して、自分が好きなショーをやってみたいという自己中心的なことへの興味なのか…わからないけどね。

才能を活かすことのできる場所があるならそこに行くべきですし、彼が映画のスクリーンや劇場の舞台で活躍する姿も見てみたいです。来年40歳になる彼の今後はどうなるのでしょうか?

【WWE】サミ・ゼインが複数のケガを抱えていることを明かす。「終わりに近づいている今は維持することが大事」
2022年に大ブレイクしたサミ・ゼイン。彼とBloodlineのストーリーはとてつもない人気を博し、レッスルマニア39のメインイベントでケビン・オーエンズとのタッグチームでウーソズ...
【WWE】サミ・ゼインがシリア系カナダ人としての苦悩を語る。「WWEに行ったら、テロリストを演じなければならないと思っていた」
中東出身者、あるいは中東の血を引いている人は、それぞれのパーソナリティとは無関係の不当な扱いを受けることがあります。 シリア系カナダ人で、ケビン・オーエンズと共にWWEタッグ王座を...

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクをめぐる諸問題について、「沈黙は金」の考えがトップレスラーの間で広まっていると報じられる
2022年9月にThe Elite(ケニー・オメガ & ヤング・バックス)と大喧嘩して姿を消したCMパンク。2021年夏のAEW入団からここまでの間に、彼は何人ものレスラーたちとの...
【WWE】エッジが地元カナダ・トロントのファンに最後のメッセージ。「みんなの前で試合をするのは最後だ」
SmackDown最新回でのシェイマス戦を最後にWWEとの現在の契約が満了することを公言していたエッジ。怪我から奇跡の復帰を果たした2019年以降、WWEを支え続けてきたレジェンド...
タイトルとURLをコピーしました