スポンサーリンク

【WWE】エッジが「彼の要求をWWEが拒否」という報道を否定。「前回の引退とは異なり、これからの決断は難しい」

ニュース

先日のSmackDownで、現在のWWEとの契約におけるラストマッチに挑んだエッジ。シェイマスとの試合は熱戦となり、地元トロントの観客を大いに湧かせました。

現在の契約は9月末で満了。その後の決断は彼に委ねられています。昨日、エッジがWWEに伝えた「サービスを維持するために必要なこと」をWWE側が拒否し、WWE内部で「彼はAEWに行くかもしれない」という認識が広まっている…という報道もありました。

【WWE】エッジが望んだ「サービスを維持するために必要なもの」をWWEが拒否したと報じられる。AEW移籍の可能性が高まる?
先日放送されたSmackDownでのシェイマス戦が、現在のWWEとの契約におけるラストマッチとなったエッジ。偉大なレジェンドの去就に注目が集まっています。 現在の契約が満了するのは...

これを受け、彼はSNSで声明を発表。報道内容を一部否定し、去就についての素直な気持ちを語りました。

今朝起きたら、友人や家族、いろんな人からたくさんの留守番電話やテキストメッセージが来ていたよ。俺に何が起きているのかを心配してくれているんだな。だから、これは俺が説明したほうがいいと思った。みんな、何も起きていないよ。

俺とWWEの間にわだかまりはない。WWEのことを愛しているし、これは俺にとって夢のような仕事だ。俺がやりたかったことのすべてなんだよ。そして、俺は彼らに何か変な契約を持ちかけたわけでもない。

向こうは俺のことを拒否していないし、WWEとの契約延長も選択肢の1つに入ってる。ただ、何をすべきかわからないんだ。(2011年の)最初の引退の時は強制的にそういう状況に追い込まれてしまったわけだけど、今回は俺が決断する。だから、ずっと難しいんだ。

WWEは、トロントでの夜を俺に与えてくれた。キャリアでも最高の夜だったし、本当に特別な瞬間だった。正直言って、あれを上回ることができるかはわからない。もし俺たちでできるなら、素晴らしいことだね。

最も重要なことは、人生のこのステージを楽しむことと、子どもたちを育てることだ。このメッセージで、みんなの疑問が解消されることを願っているよ。じゃあ、コーヒータイムに戻るかな。またね。

AEWには盟友クリスチャンやかつてのライバル、ハーディー・ボーイズ(マット & ジェフ・ハーディー)が在籍し、マットはこの4人による引退試合を望んでいます。

マット・ハーディー「俺とジェフの引退試合は、エッジ&クリスチャンが相手なら完璧だ」
最高のタッグチームの引退試合は、最高の相手とするのが理想的です。 WWEなどの団体で活躍した兄弟タッグチーム、ハーディーズ(マット&ジェフ・ハーディー)。彼らの功績は大きく、世界中...

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがオカダ・カズチカ戦とAll Inを語る。「オカダのエルボードロップで骨折。でも、あのおかげで価値が上がったよ」
2023年6月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行Forbidden Door。メインイベントで激突したブライアン・ダニエルソンとオカダ・カズチカは、ファンが望んでいたよう...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが2018年のAll Inに出場しなかった理由を語る。「コーディ・ローデスから『何で出なかったの?』と聞かれたけどさ…」
2023年8月27日にイギリスで開催されるAEW・All In。8万人規模の大観衆が詰めかけるプロレス史に残るビッグイベントで、地元イギリス出身のウィル・オスプレイはクリス・ジェリ...
タイトルとURLをコピーしました