スポンサーリンク

【WWE】ベッキー・リンチのNXT参戦で視聴率が激増。2020年以来の好成績を記録

未分類

NXT最新回では、団体トップスターの1人であるベッキー・リンチが久々に参戦し、ティファニー・ストラットンの持つNXT女子王座に挑戦しました。

メインロースターがNXTに参戦するのは珍しいことではなく、WWEとしては、 NXTの視聴率向上のための有効な戦略として取り入れています。現在、NXTは打倒AEW・Dynamiteを目指しており、そのためには欠かせない切り札なのです。

さて、ベッキーがストラットンと対戦した最新回は、この戦略が見事に大当たりしました。

レスリング・オブザーバーによれば、平均視聴者数は850,000人を記録。これは前週比26.3%増加で、番組史上7番目に高い好成績。紫雷イオ(イヨ・スカイ)とキャンディス・レラエによるNXT女子王座戦が行われた2020年10月28日放送「Halloween Havoc」以来の素晴らしい記録です。

アメリカのテレビ業界で最も重視される18〜49歳の視聴率は0.26。前週比44.4増加、2019年12月18日に達成した番組の最高記録に並びました。フィン・ベイラーとアダム・コールによるNXT王座戦、リア・リプリーとシェイナ・ベイスラーによるNXT女子王座戦が行われた回です。

ベッキーが持つスターパワーはすごいですね。若く、スター性の高いストラットンとの化学反応に大きな注目が集まった結果が数字に現れています。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】RAWを欠場のマット・リドル。その理由は空港での「性的暴行被害」トラブルではなく…?
RAW最新回に出場予定だったものの、キャンセルになったマット・リドル。 先日、彼は「ジョン・F・ケネディ国際空港で警察官から性的暴行を受けた」とInstagramに投稿し、大...
【WWE】ナイア・ジャックスが復帰。RAW登場までの過程に何があったのか?
RAW最新回でWWEへ復帰したナイア・ジャックス。 2021年にWWEを解雇された後、彼女は他団体に参戦することはなく、2023年のRoyal Rumbleにサプライズ参戦し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました