スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがこれからのキャリアを語る。「2024年の夏は店じまいにいい時期だ」

インタビュー

家族との時間を優先するべく、2024年でフルタイム活動を終了すると報じられているブライアン・ダニエルソン。

プロレス界のトップスターとしてあらゆる場面で活躍してきた彼が全力でこの業界を駆け抜ける時間は残りわずかとなりました。

AEWのロッカールームで素晴らしいリーダーシップを発揮している彼がフルタイムでの活動を終えることは、各所に喪失感をもたらすことになるでしょう。

最新のインタビューで、彼は今後のキャリアについて語りました。2024年の夏の彼に注目です。

俺の考えでは、2024年の8月がいいと思う。俺の娘は「パパ、私が7歳になったらプロレスを辞める?」と言ってくる。そして俺は「ちょうど7歳になったときではないけど、最後の段階になるよ」と答えることになるだろう。

「完全に引退する」と宣言することはないと思うな。望む時にリングへ上がる能力が欲しいね。テリー・ファンクのことは本当に尊敬しているんだけど、彼は何百万回も引退したよね。彼はそれが大好きで、プロレスをやめることができなかったんだ。

彼は彼が望むときに引退を撤回した。俺にとっては、年に数回、あるいは何年かに1回の復帰になるかな。

2023年、彼は不詳により8万人規模のイギリス大会All Inに出場することができませんでした。2024年の彼は、やりたいことをやることに集中します。

今年、All Inで試合をするチャンスがなかった。来年、そのチャンスが欲しい。AEWは101日に(ブライアンの地元ワシントン州の)シアトルでWrestleDreamというショーを開催して、そこで俺はザック・セイバー・ジュニア対戦する。

もし、来年もシアトルで別のショーがあれば、いいタイミングかもしれないね。俺の娘は来年の5月で7歳になる。店を閉めるのに良い時期だ。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ニック・カーン社長がCMパンク復帰の可能性にコメント。「リスペクトする。幸運を祈る」
AEWからCMパンクが解雇された後、彼が古巣WWEへ復帰するかもしれない…という件について様々な業界関係者が意見を語っています。 WWEの現役選手では、ゼリーナ・ベガ、フィン・ベイ...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイの新しいタトゥーはAEW・All In出場に関連していることが明らかに
新日本プロレスのトップスター、ウィル・オスプレイ。最近、彼は左腕に新しいタトゥーを入れました。 タトゥーは複数の数字によって構成されています。以下の動画の12:55付近で確認できま...
タイトルとURLをコピーしました