スポンサーリンク

【AEW】リック・フレアーのサプライズ登場はなぜ実現した?彼を登場させてまでやりたかったこととは

ニュース

AEW・Dynamiteの最新回には、プロレス回のレジェンド中のレジェンドレスラー、リック、Royal Rumbleフレアーがサプライズ登場しました。

かつてのライバルであるスティングが2024年に引退するため、その引退ロードの一環として実現した奇跡的な瞬間。かつてWCWを放送し、現在はDynamiteを放送するTBSにネイチャーボーイが戻ってくるという、テレビプロレス史に残るシーンになりました。

フレアーはなぜDynamiteにやってきたのでしょうか? AEWのトニー・カーン社長が彼をスティングへの「特別なプレゼント」にした理由とは?

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、 TBSの親会社ワーナー・ブラザース・ディスカバリーと AEW・Dynamiteの放送権契約が2024年に満了することが影響しているそうです。ビッグスターを登場させて視聴率を稼ぎ、新たな契約に向けた交渉を有利に進めたい…という思惑が AEWにあったとのこと。

実は、以前もフレアーが娘シャーロット・フレアーの婚約者であるアンドラーでのマネージャーとして登場するという話があったといいます。

しかし、この話は、プロレス界の闇をテーマにしたテレビ番組「Dark Side of the Ring」でフレアーらWWE選手たちが飛行機内で問題行為を起こした「The Plane Ride from Hell」事件(2002)の放送があったことで実現しなかったそうです。

【WWE】リック・フレアーが「過去の疑惑」で炎上。広告キャンペーンが中止になり、トミー・ドリーマーは停職処分に
史上最高のレスラーと称されるリック・フレアーが炎上しています。 きっかけになったのは、プロレス界の闇を扱うTVシリーズ「Dark Side of the Ring」の今日公開された...

ついに実現したネイチの AEW登場。その舞台がスティングのキャリアを讃える瞬間だったのはポジティブな話です。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】大女優キャラが評判のトニー・ストーム。親友ティーガン・ノックス「私が知っているトニーそのもの」
AEWの女子戦線で一際目立つ活躍を見せているトニー・ストーム。 大女優のように振る舞い、「Timeless」を名乗っている彼女は目が離せない存在で、一挙手一投足に注目が集まっていま...
【新日本プロレス】インパクト・レスリング副社長「ウィル・オスプレイについて親会社と会話している」
2024年2月に新日本プロレスとの契約が満了するため、動向に注目が集まるウィル・オスプレイ。 トップレスラーである彼に対しては、さまざまな団体が獲得に興味を持っています。2024年...
タイトルとURLをコピーしました