スポンサーリンク

【AEW】ついに復帰のアバドン。彼女はなぜ番組出演から遠ざかっていたのか?

ニュース

AEWの女性部門の中でひときわ異様な存在感を示す怪奇派レスラー、アバドン。

2020年にAEWへ初参戦した彼女はテレビ番組への出番も少なくなく、Youtube番組AEW: Darkシリーズへの出演がメインではあったものの、ファンの多いレスラーになりました。

しかし、彼女の最後のテレビ番組出演は、2021年10月にブリット・ベイカーとのTrick or Treatマッチ。2年間はAEW Darkやインディ団体への参戦がメインでしたが、先日放送されたRampageで約2年ぶりにテレビ番組出演を果たしました。アンナ・ジェイ、スカイ・ブルー、そしてウィロー・ナイチンゲールとの4wayマッチに勝利し、Collisionでは志田光の持つAEW女子世界王座にも挑戦。約2年半ぶりのタイトルマッチとなりました。

なぜ彼女はテレビに出ていなかったのでしょうか?

Fightfulによれば、2023年6月のダークマッチ出場から10月までの間は、負傷により出場許可が出ていなかったそうです。インディ団体には出場できるもののAEWとしての許可は下りない状況が続いていたものの、Dynamite最新回の直前に許可が下りたのだとか。

ただし、2021年10月から2023年10月までテレビ番組での出番がなかった理由は報じられていません。怪我もありながら、体型作りなどに力を入れていた彼女の努力がようやく実った…ということなのかもしれませんね。

(Wrestling Inc, Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】MJFが無名時代にケニー・オメガからアドバイスを受けたことを振り返る。「あたなは覚えてないかもしれないが、俺ははっきり覚えてる」
Collision最新回で激闘を繰り広げたMJFとケニー・オメガ。 誰もが認めるAEW世界王座の絶対的チャンピオンに成長した27歳のMJFと、Change The World...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンの眼底骨折発表はストーリーラインの一部ではないと報じられる
先日放送されたDynamiteで因縁のオカダ・カズチカとタッグマッチで対戦したブライアン・ダニエルソン。 2023年6月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行Forbi...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました