スポンサーリンク

WWE・NXTの放送権を獲得したテレビ局が2022年にROHとの契約を狙っていたと報じられる。トニー・カーンはなぜ断ったのか

ニュース

先日、WWEはアメリカのテレビ局The CW NetworkがNXTの放送権を獲得したことを発表しました。

NXTが新しいテレビ局で放送されるのは2024年10月から。CBSとワーナー・ブラザースの合弁会社であるThe CWは2000年代にSmackDownを放送していたこともあるテレビ局です。

WWE関係者がこの件についてポジティブな意見を表明する中、The CWとAEW社長兼ROHオーナーのトニー・カーンがかつてやりとりをしていたことが明らかになりました。

Haus of Wrestlingによれば、2022年6月にThe CW幹部とトニーがロサンゼルスで話し合いの席を設け、トニーが2022年3月に買収したROHのテレビ放送権をThe CWが獲得することについて話をした、とのこと。

話し合いは盛り上がったようですが、トニーは結局これを断りました。その意図は、2024年にAEWのテレビ番組の新たな放送権交渉が始まるまでROHのテレビ放送権の交渉を待つことにより、市場での選択肢と影響力が増すと考えたから、なのだそうです。

The CWは複数のプロレス番組放送することに意欲的で、2023年10月にNWAとも契約しています。WWEやNXT以外にも狙っている団体があるようで、最近も少なくとも2つの団体と話し合いの席を設けたといいます。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがCMパンク参戦の可能性にコメント。「素晴らしいこと。棚橋弘至との試合は実現しなかったが…」
2023年9月にAEWから解雇されたCMパンク。 2022年6月、AEW世界王座のチャンピオンだった彼は、AEWと新日本プロレスの合同興行Forbidden Doorで新日本の棚橋...
【新日本プロレス】「AEWブライアン・ダニエルソンは来日してオカダ・カズチカに直接挑戦を伝える予定だった」と報じられる
11月4日に開催されたPower Struggleでオカダ・カズチカにビデオメッセージを送り、2024年1月4日のレッスルキングダム18でのオカダと対戦することが決まったAEWのブ...
タイトルとURLをコピーしました