スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコが「CMパンクのWWE復帰に対するAEWのリアクション」を語る。「よくあることだし、いいこと」

インタビュー

CMパンクがAEWと歩んだ約2年間は波瀾万丈でした。

2021年夏にAEWへ入団した彼は団体に莫大な利益をもたらしましたが、その一方でトラブルも多く、バックステージでThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)と大喧嘩した後でクリス・ジェリコに「お前はロッカールームの癌だ」と言い放たれました。その後、2人が抗争するという話も報じられたものの実現せず、2023年9月にパンクは解雇されてしまいます。

パンクは11月にWWEへ復帰。AEWのロッカールームには、彼に対するいろんな感情があるでしょう。

最新のインタビューで、ジェリコはパンクのWWE復帰について質問され、AEW側がそのことについてどう思っているかを明かしました。

いつも通りのビジネスだ。プロレス界ではそういうことも起こる。アダム・コープランド(エッジ)がAEWに来たとき、ウィル・オスプレイがAEWと契約したとき、またはブライアン・ダニエルソン、ジョン・モクスリー、アダム・コールがAEWに来たときに大きな反応がなかったのと同じことだよ。

レスラーが団体間を移動できるのはビジネスにとって良いことだ。ファンにとってもね。それによってビジネスが強くなる、それが最も重要なことだよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

AEW内部にドルフ・ジグラーとの契約を推進する動きがあると報じられる。もし入団が実現したら、あの人と組む?
2023年9月にWWEから解雇されたドルフ・ジグラー。 確かな実績を残してきた実力者の去就には大きな注目が集まっており、次なる舞台は彼の実力や人気にふさわしい団体になってほしい、と...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがデビッド・フィンレーを語る。「本物のライバル関係だ」
プロレス界では、多くのレスラーたちが競い合い、お互いを高め合っています。 新日本プロレスのトップ外国人レスラーのウィル・オスプレイとデビッド・フィンレーは昔から手の合う相手で、試合...
タイトルとURLをコピーしました