スポンサーリンク

「新日本プロレス】ニック・ネメス(ドルフ・ジグラー)が新日本参戦への不安や批判への意見を語る。「泳ぐか沈むか…だ」

インタビュー

2月23日開催のTHE NEW BEGINNING in SAPPOROでデビッド・フィンレーの持つIWGP BLOBALヘビー級王座に挑戦する元WWEスーパースター、ニック・ネメス(ドルフ・ジグラー)。

WWEで複数のタイトルを獲得し、ザ・ロックやリック・フレアーなどのレジェンドレスラーや、ジョン・シナやランディ・オートンなどの同世代の選手たちから非常に高く評価されている彼の才能は、新日本のリングで何を見せてくれるのでしょうか。

最新のインタビューで、彼は一部から「新日本にニック・ネメスの居場所はあるのか?」などと批判を受けていることなどを踏まえ、新日本参戦への自信や不安を語りました。彼にとって、これは「泳ぐか沈むか」という大切なチャンスだ…といいます。

うん、毎日頭をよぎるよ、冗談抜きで。WWE時代は、去年やった3分間の試合でさえ、タバコを吸いながら誰かと連絡を取り合っているときに「それでもやってのけるさ」と言えたものだ。でも、新日本への参戦となると、本当に緊張しているよ。

誰であれ、何をしているにせよ、こうしたチャンスは大きなことだ。このチャンスは、もしC+やA-くらいの努力でやってしまったら、そこに居場所はないということがすぐに露呈するかもしれない。それが緊張の種なんだよね。

自信はある。でも、「これは大きな挑戦だ」と思っているんだ。毎日ね。43歳の俺が、19年の経験を積んだ後、これまで以上に気分がいい状態でいられるはずがない。そう思うだろ?でも、最高に気分が良いんだよ。そして、これからも続けていくのが待ちきれない。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ダニエル・ガルシアがオカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイとの対戦を希望。「東京ドームのメインイベントを感じ取りたい」
2024年は、ダニエル・ガルシアにとって非常に大きな一年になります。AEWとの契約が満了するのです。 AEWとの再契約に合意するにせよ他団体へ移籍するにせよ、今年の活躍は次の契約内...
秋山準が再びAEW参戦。ブライアン・ダニエルソンとシングルマッチ!
秋山準にとって3度目のAEW参戦が決まりました。 今日、トニー・カーン社長は現地2月27日放送のCollisionに秋山準が参戦し、ブライアン・ダニエルソンとシングルマッチを行うこ...
タイトルとURLをコピーしました