スポンサーリンク

【WWE】アンダーテイカー「俺は最初のポール・ヘイマン・ガイだったのかもしれない」

インタビュー

2024年度のWWE殿堂入りメンバーは、まずポール・ヘイマンの殿堂入りが最初に発表されました。

90年代にカルト的人気を誇ったECWを率い、WWEではマネージャーなどの立場で活躍。その頭脳はプロレス界トップクラスで、誰もが才能を認める存在です。

WWE殿堂の先輩であるアンダーテイカーは、自身のPodcast番組でヘイマンについて語り、WCW時代に彼がマネージャーを務めていた時期を振り返りました。自分が最初のポール・ヘイマン・ガイだったのかもしれない…と考えているようです。

ポール・ベアラーと同じように、ヘイマンは俺にとって重要な人物だった。

ブロック・レスナーやローマン・レインズをマネージしているあの男は、選手たちとその健康、意思決定に大きな投資をしているんだよ。

俺がこの業界にやってきてから随分経つけど、トレンドには疎くてね。ポール・ヘイマン・ガイというものが、ここ5〜10年の間にここまでのことになるとは思わなかったよ。

俺は、最初のポール・ヘイマン・ガイだったのかもしれないな。WCWにいた頃…ダニー・スパイビーが去った後で、彼が俺のマネージャーだったこともある。俺が最初の男だなんて、その頃はまったく意識していなかったけどさ。

彼は、俺の正気を常に保ってくれていた。WCWでの自分の扱いにとてもフラストレーションを感じていた俺にとって、彼はとても重要な存在だったんだ。

あの頃、俺の稼ぎは少なかったんだけど、彼はレンタカーの費用を払ってくれた。彼はできる限り助けてくれたけど、俺が彼に最も感謝しているのは、WCWから脱出し、WWEでの機会を得るためのつながりだった。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】ロンダ・ラウジーがHHHを賞賛。「女子部門を尊重してくれた。ビンスじゃなくて彼が私を担当してくれたらよかったのに」
最近、自伝本の出版を前にWWE批判を繰り返しているロンダ・ラウジー。 WWEの女性たちに対する考え方や文化、ビンス・マクマホンやジョン・ロウリネイティス(ジョニー・エース)ら元上層...
【WWE】ゴールドバーグがWWE時代のHHHとの確執を語る。「すべては彼との不仲のせいだ」
プロレス界の超大物レスラー、ゴールドバーグ。 そのキャリアの中で何人もの仲間たちとの間にドラマを生み出してきた彼は、HHHとの人間関係が決して良好とは言えなかったことで有名です。2...
タイトルとURLをコピーしました