スポンサーリンク

WWEサーシャ・バンクスが「レッスルマニア後の欠場」と「女子プロレスの盛り上がり」について語る

ニュース インタビュー

8月12日のRAWで、レッスルマニア35以来約4ヶ月ぶりにWWEに復帰したサーシャ・バンクス。最新のインタビューで、レッスルマニア以降の欠場と盛り上がりを見せる女子プロレス界について語りました。

女子プロレスの盛り上がりについて

新団体AEWの創立によって、アメリカの団体による女子プロレスラーの争奪戦がより激しくなりました。WWEも興味を示していたSTARDOMのビー・プレストリーがAEWのロースターに加わった例もあり、最大手のWWEもうかうかしていられません。

今年のレッスルマニアのメインイベントは女子選手の試合でした。この試合に出場することはできなかったものの、WWEにおける女子レスラーの地位向上に大きく貢献してきたバンクスは、女子プロレスの盛り上がりについて次のように語っています。

信じられない。本当に夢が叶ったという感じです。子供の頃から夢見てきたことのすべてが……。この世代にいることと、この5年間のガールズの進歩は信じられません。以前はPPVで試合をすることさえできなかった。もしあったとしても短い試合でした。今はメインイベントですからね。

アメリカ時間9月15日の”Clash of Champions”で、バンクスはベッキー・リンチの持つRAW女子王座に挑戦します。

レッスルマニア後の休養

アメリカ時間4月7日に開催されたレッスルマニア35で、バンクス & ベイリー組はWWE女子タッグ王座の防衛に失敗しました。この件でバンクスはWWEと揉め、長期の欠場に入ったと言われています。

一時は退団を決意したともされるバンクスは、この欠場について次のように述べています。

私は7年間も休むことなくプロレスに取り組んできました。人間には休息が必要でしょう?自分の人生を再評価し、ソウルとマインドをケアする必要があるんです。私は戻ってきて、以前よりも調子が良くなりました。

あわせて読みたい

WWEがフルセイル大学と契約延長。これからもNXTのホームに / ケビン・オーエンズがNXT復帰を示唆
ニュースをまとめて紹介。 WWEがフルセイル大学と契約延長。これからもNXTのホームに NXTはフロリダ州にあるフルセイル大学で収録を行ってきました。9月18日からUSA Networkでの生放送に移行することから、収録会場が変...
ランス・アーチャーが"G1 CLIMAX"を語る
今年の夏、生まれ変わった姿を世界中のプロレスファンに見せつけたランス・アーチャーが、その舞台となったG1 CLIMAXについて語りました。 G1 CLIMAX ここ最近の新日本ではタッグ屋としての印象が強かったアーチャー。今年の...
セッション・モス・マルティナがROHと契約 / ピート・ダンとトニー・ストームにNXT行きの噂
ニュースをまとめて紹介。 ピート・ダンとトニー・ストームにNXT移籍の噂 報道によれば、NXT UKのピート・ダンはアメリカ移住に向けて動いているそうです。今後はNXTのメンバーとして活動していく可能性が高そうですね。これまでN...
タイトルとURLをコピーしました