スポンサーリンク

【WWE】ジェイコブ・ファトゥがデビュー前から「ソロ・シコアの存在感を奪ってしまうのでは」と懸念されていると報じられる

ニュース

2024年4月にWWEと契約したものの、デビューが遅れているジェイコブ・ファトゥ。

怪我などが原因というわけではなく、団体内部で「彼のデビューを急ぐ必要はない」と考えられていることが、デビューが遅れている原因だとされています。Bloodlineの長期的なストーリーの中に、最適なタイミングで加わることになるのでしょう。

MLWで目覚ましい活躍を見せていたアノアイ・ファミリーの一員が、ついにWWEにやってくる。そのポテンシャルは非常に高く評価されています。WrestleVotesによれば、団体内部では「ファトゥがソロ・シコアの存在感を奪ってしまうのでは?」という懸念があるといいます。

ローマン・レインズ不在の間にBloodlineを乗っ取り、タマ・トンガとともに暴れまわっているシコア。ファトゥがデビューする前に新たなBloodlineの主軸としての存在を確立することを目指していますが、ファトゥの活躍次第では、それまでの積み重ねがフイになってしまう可能性もあります。

こうした懸念があることは、WWE内部でファトゥが非常に高く評価されていることの証拠。今後の活躍が楽しみです。

(WrestleVotes, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】CMパンクが入場曲「Cult of Personality」を使うことは、制作したバンドにどれほど大きな利益をもたらしたのか?
CMパンクを象徴する入場曲「Cult of Personality」は、ハードロックバンドLiving Colorが1988年に発表した代表曲です。 WWEでは2011年から同曲を...
【新日本プロレス】ムスタファ・アリがResurgenceでのリオ・ラッシュ戦への意気込みを語る。「これは新日本とリオへの慈善活動だ」
新日本プロレスのアメリカ大会に継続参戦中の偉大な指導者、ムスタファ・アリ。 4月のWindy City Riotで高橋ヒロムを撃破した彼は、現地5月11日開催のResurgence...
タイトルとURLをコピーしました