スポンサーリンク

【新日本プロレス】ムスタファ・アリがResurgenceでのリオ・ラッシュ戦への意気込みを語る。「これは新日本とリオへの慈善活動だ」

未分類

新日本プロレスのアメリカ大会に継続参戦中の偉大な指導者、ムスタファ・アリ。

4月のWindy City Riotで高橋ヒロムを撃破した彼は、現地5月11日開催のResurgenceでリオ・ラッシュと対戦します。WWEのクルーザーウェイト級戦線で活躍した2人が新日本のリングで激突。世界中のファンが試合に注目しています。

今日、彼はXでリオとの試合に向けた意気込みを語りました。リオに自分と戦うほどの価値はないが、これは新日本への慈善活動なのだ…という、偉大な指導者からのありがたい言葉です。

こんにちは、ムスタファ・アリです。今日は、恩返しの力について話したいと思います。

私たちのプロレス業界は、カードの一番下にいる人たちに手を差し伸べ、助けの手を貸すという考え方で築かれてきました。それは人道主義者であり、誰かのキャリアを救うことなのです。

慈善活動とは、お金を与えるだけではありません。才能の劣る人たちに、自分では決して得られないような機会と露出を与えることなのです。そこで、ムスタファ・アリ・キャンペーンでは、今週土曜日にカリフォルニア州オンタリオで行われる新日本プロレスに、エキシビションマッチを寄付します。誇らしいことです。

このチャリティーキャンペーンマッチの相手は、リオ・ラッシュです。ラッシュ氏に私と戦う資格や価値があるかって?もちろんありません。でもラッシュ氏は才能ある子なので、私のような指導者が今日の子供たちに投資するのは責任だと思うんです。だって、彼らは明日のリーダーになるんですから。

だから私は、この高貴な慈善活動に皆さんも参加してほしいのです。力を合わせて、惜しみなく与え、私たちの業界を再び偉大なものにしましょう。ありがとうございました。おやすみなさい。アリを信じて。

あわせて読みたい

ジンダー・マハルが「WWEでやり残したこと」を語る。「ベビーフェイスとしての活動は素晴らしくなっただろうな…」
元WWE王座チャンピオンのジンダー・マハル。 現代のマハラジャである彼は、2024年1月にザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)とのセグメントを任されたり、セス・ロリンズの持つ世界ヘ...
ゲイブル・スティーブソンのマネージャーが声明を発表。WWE解雇後に複数のNFLチームとやり取り
先日WWEから解雇されたアマレスの猛者ゲイブル・スティーブソンの去就に注目が集まっています。 東京オリンピックで金メダルを獲得するという偉業を成し遂げてからWWEへ入団した彼ですが...
タイトルとURLをコピーしました