スポンサーリンク

【AEW】アーン・アンダーソンがMJFの将来性を絶賛。「プロレス界でできないことはない。でも、不必要に身体を痛めてはいけない」

インタビュー

AEW世界王座を失った後、怪我の回復に取り組んでいるMJF。

AEWの若手4本柱の中で最も早くAEW最高峰のタイトルを獲得した彼は、立派なチャンピオンとして1年以上タイトルを保持し続け、抜群のストーリーテリングや優れた試合を展開してファンを魅了しました。チャンピオンとして忙しい日々を送る中で、彼は映画「アイアンクロー」にも出演したほか、エグゼクティブ・プロデューサーも務めました。

【AEW】MJFが俳優業への本格進出を宣言。「プロレスも俳優もフルタイムで」
プロレス界からハリウッドへ進出し、人気俳優たちの仲間入りを果たしたレジェンドたちに続くことはできるでしょうか? AEW世界王者チャンピオンのMJFは、フォン・エリック・ファミリーを...

肩の負傷に苦しみ、当分はリング復帰が難しいとされるMJF。しかし、レジェンドレスラーのアーン・アンダーソンは、彼の才能を非常に高く評価しています。最新のインタビューの中で、AAはMJFについて次のように語りました。

MJFは、プロレスというビジネスの中で達成できることに限りはないと思うよ。ただし、このビジネスではリスクを少なくする必要がある。多くのレスラーたちがリスクを冒しているだろ?

チャンピオンとして彼がやったことは壮観だったか?そうだ。アスレチックだったか?もちろん。信じられないような活動だったか?間違いない。でも、それは絶対に必要だったか?彼を例に上げているけど、プロレス界全体に言えることだよ。

身体を痛めつけてはいけない。身体は一つしかないんだよ。気づく前に、輝かしい5年間のキャリアを終えてしまうということもあるんだ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが「Twitter/Xの有害性」を語る。「人間の最悪の側面を引き出すものだ」
SNSの流行は、社会に大きな変化をもたらしました。 SNSは、情報共有やコミュニケーションの促進など多くのメリットをもたらし、これまでプロレスに親しくなかった人たちがプロレスを知る...
【WWE】リキシがタマ・トンガ&トンガ・ロアのBloodline加入を認める。「キング・ハクの子供がWWEへ来るのを待ち遠しく思っていたよ」
2024年春、WWEが誇る人気ユニットBloodlineに、元新日本プロレスのタマ・トンガとトンガ・ロア(タンガ・ロアから改名した模様)が加わったことが大きな話題になりました。 兄...
タイトルとURLをコピーしました