スポンサーリンク

【WWE】ランディ・オートンが医師からの引退宣告を振り返る。「精神的にも大変だった。背中は治すけど、プロレスは辞めなさいと言われてね」

インタビュー

2022年春から2023年11月にかけて、ランディ・オートンは背中の深刻な負傷により長期欠場していました。

この時期、彼は医師から引退勧告を受けており、選手としてのキャリアだけでなく、私生活のことも考慮して結論を下す必要がありました。結局、彼はリングへの熱意を忘れることができず、懸命なリハビリやトレーニングを経て2023年のSurvivor Seriesで復帰。現在もWWEのトップスターとして活躍中です。

Sportskeedaによるインタビューの中で、彼は医師からの引退勧告や、復帰に向けた道のりを語りました。彼の復帰は、知り合いの総合格闘家に紹介してもらった医師のおかげで実現したようです。

一流の神経科医から、「あなたはすばらしいキャリアを積んできたじゃないですか。プロレスから引退した後の人生もあるし、快適に過ごしたいでしょう?残りの人生を痛みを抱えて過ごしたくないはずです。背中は治しますが、プロレスはやめなければなりませんよ」と言われたんだ。欠場し始めてから最初の6ヶ月間は、そのことが頭から離れなかったよ。精神的にも本当に大変だったな。

自分の将来がどうなるか、本当に分からなかった。でも、MMAの世界で成功し、長いキャリアを築いた総合格闘家から、俺の手術をしてくれた医師を紹介してもらったんだ。この人に麻酔をかけてもらって、メスを入れてもらわないといけないんだな…と思ったものだよ。

(Sportskeeda)

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデスがレッスルマニア40でのアンダーテイカー登場を語る。「俺にウィンクしてくれた。まるでライオンのようだったよ」
レッスルマニア40 第二夜のメインイベントとして行われたローマン・レインズとコーディ・ローデスによる統一王座のタイトルマッチ。 この試合には、ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)や...
スティングの息子スティーブン・ボーデンがレスラーになるためのトレーニングを開始。ダービー・アリンの自宅に住む
2024年2月に開催されたAEWのPPV「Revolution」では、プロレス界のアイコンことスティングの引退試合が行われました。 還暦を超えても高いパフォーマンスを披露していた彼...
タイトルとURLをコピーしました