スポンサーリンク

【AEW】ダービー・アリンがジャック・ペリーへのライバル心を語る。 「昔のあいつはダメだったけど、今は度胸がある」

インタビュー

AEW若手4本柱のメンバーとして切磋琢磨してきたダービー・アリンとジャック・ペリー。

恵まれた身体能力とカリスマ性を持つ2人は、5月のPPV「Double or Nothing」で行われるチームAEW(FTR、ブライアン・ダニエルソン、ダービー・アリン)とThe Elite(ヤング・バックス、オカダ・カズチカ、ジャック・ペリー)による大乱闘マッチAnarchy In The Arenaで対戦します。

紆余曲折を経てAEWへ復帰し、大暴れ中のペリー。そして、脚の負傷が完全に癒えているわけではないものの、再びリングへ上がるダービー。2人がどのような戦いを見せてくれるのか、注目が集まっています。

最新のインタビューで、ダービーはペリーへの思いを語りました。今のペリーは過去最高の状態にある…そんな彼の実力を堪能するのが待ちきれないようです。

今の彼なら、「度胸があるな」と言えるね。

去年の彼は全然好きじゃなかった。いつも周りの人に「この男がダメな理由がわからないの?」と言おうとしていたよ。世間が彼がダメな理由を知るのに、長くはかからなかった。

2023年のDouble or Nothingでやった4本柱マッチに一緒に出て、俺たち両方がベビーフェイスになるはずだったときでさえ、俺は彼と意見が一致したことは一度もなかったんだ。

でも、彼が日本に行ったりして、彼の復帰を見て、彼には実は度胸があるんだと思ったよ。ジャック・ペリーの最高の化身だと思う。ジャングル・ボーイさんは…まあね笑

ジャック、日曜日に何ができるか見せてくれよ。これは彼がAEWに復帰してから最初の試合だ。アナーキー・イン・ジ・アリーナほど彼の実力を見るのに適した方法はないよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

エディ・キングストンの復帰に予想以上の時間がかかることが明らかに
膝を負傷し、長期欠場を余儀なくされたエディ・キングストン。 新日本プロレスのアメリカ大会Resurgenceでゲイブ・キッドと対戦した際、彼は場外へのブレーンバスターを受け、その時...
【AEW】ケニー・オメガが憩室炎の手術を受ける。長引く闘病生活のターニングポイントになるか
大腸の厄介な病気、憩室炎を患って試合から遠ざかっているケニー・オメガ。 AEWのトップレスラーである彼は、クリス・ジェリコとのタッグチームで活躍していた2023年12月に健康問題が...
タイトルとURLをコピーしました