スポンサーリンク

【WWE】キング・ハク「タマ・トンガとトンガ・ロアは、父である俺にWWE入団を教えてくれなかったよ」

未分類

2024年、タマ・トンガ&トンガ・ロア兄弟がWWE移籍を果たし、大きな話題となりました。

WWEは以前からタマの獲得に興味を持っており、2023年にも移籍の可能性が取り沙汰されました。2024年に新日本プロレスでの活動を終了し、満を持してWWEへ移籍したのは彼だけでなく、ゲリラズ・オブ・デスティニーとして共に活躍する弟のタンガ・ロア(WWE移籍後はトンガ・ロアとして活動)もWWEへ。WWEのトップユニットであるBloodlineに加わり、大きな注目を集めています。

Bloodlineは偉大なプロレスファミリーであるアノアイ・ファミリーに関連したユニットですが、タマとロアはファミリーの一員ではありません。しかし、ファミリーと非常に親しい関係を築いてきたキング・ハクの息子であることがWWEでの活動に影響しています。

彼らにとって、ハクの存在は特別。しかし、今回のWWE移籍に関しては秘密を保ったようです。最新のインタビューで、ハクは息子たちからWWE移籍を事前に教えられていなかったことを明かしました。

彼らは俺に対してケーフェイしたんだよ。WWEで息子たちの姿を見て驚いた。たぶん、俺に対しても秘密を貫くのが取引の一部だったんだろうね笑

誰にも教えないでおくべきだったみたいで、彼らは素晴らしい仕事をした。俺は、家でテレビを見ている時にタマが登場するのを見たんだ。もちろん、トンガ・ロアも同じだよ。素晴らしかったね。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】メインロースターたちの最低年俸が報じられる。彼らはどの程度の収入を得ているのか?
WWEでトップスターになるということは、大金を得られる、ということでもあります。 団体を代表するトップスターであるローマン・レインズの年俸は約500万ドル(約7億9000万円)、コ...
ゴールドバーグ「俺が残した功績は忘れられてしまった。俺が与えた興奮をバカどもが理解できないのは残念だね」
WCWやWWEなどで超大物レスラーとして活躍したゴールドバーグ。 圧倒的な強さで対戦相手を捻り潰すスタイルは迫力満点で、多くのファンや視聴者が彼の活躍を楽しみました。その一方で、大...
タイトルとURLをコピーしました