スポンサーリンク

【WWE】コフィ・キングストンのWWE王座陥落に対し、WWE内では多くの反対意見があった

ニュース

先週のSmackDownでブロック・レスナーに秒殺され、レッスルマニア35で獲得して以来防衛を続けてきたWWE王座を失ってしまったコフィ・キングストン。レスナーの勝利は彼とケイン・ヴェラスケスとの抗争に発展していきそうです。

黒人レスラーとして史上初めてWWE王座を獲得したキングストンがレスナーに秒殺されてチャンピオンの座から降ろされてしまったことを残念がるファンもいるようですが、WWE内でもこの決断に多くの反論があったようです。

ジャーナリストのブラッド・シェパードのレポートによれば、このストーリーはビンス・マクマホンの指示によるものだそうです。多くのバックステージの人々が異議を唱えたそうですが、決定は覆りませんでした。

2019年初頭から始まったキングストンの大抜擢ストーリーはレッスルマニア35のダニエル・ブライアン戦で感動的な結末を迎えました。旬が過ぎたと判断されても仕方がない状況ではありましたが、レスナーに秒殺されて終わりというのは…。今後、彼に良いストーリーが用意されることを願うばかりです。

(参考: Wrestling-Edge)

あわせて読みたい

【WWE・AEW】ジョン・モクスリーが「『馬鹿げてる』WWEのスケジュール」と「AEWが業界に与える影響」について語る
5月にWWEを退団したディーン・アンブローズは、リングネームをWWE入団前の「ジョン・モクスリー」に戻し、AEWとフルタイム契約を結びました。そして、新日本プロレスにも参戦し、IWGP USヘビー級王座を獲得してG1 CLIMAXにも出場し...
【WWE】"Hell in a Cell"ショーの終了後に「金返せ」コールが起こる
アメリカ時間10月6日に開催されたWWEのPPV"Hell In A Cell"。カブキ・ウォリアーズ(アスカ & カイリ・セイン)が女子タッグ王座を獲得するという嬉しいニュースはあったものの、ファンからの評判は悪いようです。 ...
【AEW】AEW世界王座への挑戦者を決定する試合が今週の"Dynamite"で行われる。試合に出場するレスラーはなぜその権利を得たのか?
新団体AEWのベルト「AEW世界王座」。初代チャンピオン決定戦はクリス・ジェリコと"ハングマン"アダム・ペイジによって争われ、海千山千のベテラン・ジェリコが勝利しました。 同王座への挑戦者は既に決まっています。副社長のCody...
タイトルとURLをコピーしました