スポンサーリンク

【AEW】AEW世界王座への挑戦者を決定する試合が今週の”Dynamite”で行われる。試合に出場するレスラーはなぜその権利を得たのか?

ニュース インタビュー

新団体AEWのベルト「AEW世界王座」。初代チャンピオン決定戦はクリス・ジェリコと”ハングマン”アダム・ペイジによって争われ、海千山千のベテラン・ジェリコが勝利しました。

同王座への挑戦者は既に決まっています。副社長のCodyです。彼は11月9日開催のPPV”Full Gear”で行われるタイトルマッチに出場します。

ただし、タイトル保持者はジェリコとは限らないようです。”Full Gear”開催までの間にタイトルマッチが行われることが明らかになりました。今週10月10日の”Dynamite”で、10月17日に行われる同王座のタイトルマッチへの挑戦権を賭けた試合が行われます(いずれも日本時間)。

このナンバーワン・コンテンダーマッチに出場するのはダービー・アリンとジミー・ハヴォック。2人のダークヒーローのどちらかがジェリコと対戦することになりました。

なぜこの2人がコンテンダーマッチに出場するのか?その理由をCodyが次のように語っています。

勝敗の質が要因になるんだ。カレッジフットボールに似ているね。ジミーは”ALL OUT”で行われたスリーウェイマッチに勝利し、私とのシングルマッチを最後まで戦い抜き、”Dynamite”初回放送のダークマッチでレジェンドのCIMAを破った。

CodyがAEW世界王座への挑戦権を獲得したのも、AEW創立以降シングルマッチでの負けがないことが要因になっています。勝ち負けのレコードを重視する姿勢は”Dynamite”の選手入場時にも現れていて、画面に表示されるネームプレートの横に勝敗記録が表示されていました。このスポーツライクさがこれまでのプロレス団体とは異なるポイントです。

10月10日の”Dynamite”で行われる予定の試合は以下の通りです。

  • ダービー・アリン VS ジミー・ハヴォック
  • クリス・ジェリコ & サミー・ゲバラ VS “ハングマン”アダム・ペイジ & ダスティン・ローデス
  • ヤング・バックス VS プライベート・パーティ(AEW世界タッグ王座初代チャンピオン決定トーナメント1回戦)
  • ジョン・モクスリー VS ショーン・スピアーズ

あわせて読みたい

【WWE・AEW】ジョン・モクスリーが「『馬鹿げてる』WWEのスケジュール」と「AEWが業界に与える影響」について語る
5月にWWEを退団したディーン・アンブローズは、リングネームをWWE入団前の「ジョン・モクスリー」に戻し、AEWとフルタイム契約を結びました。そして、新日本プロレスにも参戦し、IWGP USヘビー級王座を獲得してG1 CLIMAXにも出場し...
【AEW】カイリー・レイがインパクト・レスリングに参戦
旗揚げ興行"Double or Nothing"に出場し、ベビーフェイスとしての活躍が期待されながらも、この1試合限りで退団してしまったカイリー・レイ。その理由は健康上の問題とも言われています。 先日の感動的な復帰戦から約2週...
【BJW】WWE UK王者ウォルターが大日本参戦!11月4日、関本大介とタッグを組む
NXT UKのロースターは契約が緩いのか、提携外のインディ団体にも出場することが珍しくありません。今年はトニー・ストームやザイヤ・ブルックサイドがSTARDOMに参戦しました。 そのNXT UKのトップに君臨し、来週のNXTで...
タイトルとURLをコピーしました