スポンサーリンク

【AEW】マット・ジャクソンが語るヤング・バックスがツイッターから去った理由。「Twitterから永久に去ることを決めた」

ニュース

先日、AEWのヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン)がTwitterアカウントを削除しました。SNSの重要性を説くことも多かった2人の退会は様々な憶測を呼び、兄弟の父がその理由を説明する事態にまで発展しました。

【AEW】ヤング・バックスがTwitterアカウントを削除した理由は何だったのか?兄弟の父が明かす
昨日、AEWの副社長を務めるヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン)がTwitterアカウントを削除しました。2人はSNSでファンのリアクションを確かめることの重要性を語ることがしばしばあったため、なぜTwitterを去ることになった...

今日、マットはInstagramで退会の理由を明かしました。

まず、このことについて語ることが以下に馬鹿げているかはわかっている。でも、気が散るからね。数日前、俺達はTwitterから永久に去ることを決めた。気づいたんだよ。俺たち家族は既に山ほどの時間を犠牲にしてきたというのに、Twitterをやることでさらに貴重な時間が失われているということ。そして、俺達のクリエイティビティを抑圧しているようだ、ということに。

去年もTwitterから長時間離れることがあったけど、その時、Twitterから離れることが心の健康を回復させるということを知った。完全に離れることは次なるステップなんだ。今後も最高のコンテンツをオンラインで公開していく予定なので、素晴らしいファンとの交流方法は変わらないだろう。ソーシャルメディアであれ、実際に会う時であれ、俺たちに声をかけることを恐れないでほしい。サポートしてくれてありがとう。私たちはみんなを愛しています。楽しい休暇を!

AEWの副社長として日々仕事に追われている2人にとって、Twitterで時間を浪費することは避けたい事態になったのでしょう。広報活動はスタッフに任せることもできるし、マットのInstagramのアカウントは残されていますし、そこで写真や動画などの情報発信は続けるようです。

あわせて読みたい

【WWE】コフィ・キングストンが引退について語る。「5年契約が終わったら…」
2019年は飛躍の一年となったコフィ・キングストン。12月にWWEと新たに5年契約を結んだWWE王座史上初の黒人王者が、Newsweekのインタビューの中で引退について語りました。 曰く、5年契約が終わったら引退する可能性があ...
元WWEライバックがAEWへの参戦を示唆するツイートを投稿
元WWEのライバックが興味深いツイートを投稿しました。 AEWの副社長を務めるCodyとのツーショット、そして"2020"。 元WWEインターコンチネンタル王座のライバックは2016年にWWEを退団。その後は活動...
【AEW】Codyが語る新しさと古さの融合。「古いもののパロディにならないように最善を尽くさなければ」
WWE・NXTとのテレビ戦争が話題のAEW・Dynamite。久々にWWEの対抗馬になり得る団体・番組の登場は、2019年のプロレス界を活気づけました。 毎週のように話題の試合を提供しながらも視聴者数がなかなか伸びないDynamite...
タイトルとURLをコピーしました