スポンサーリンク

【NXT VS AEW】AEWが3週連続でNXTを圧倒。レイティング戦争で再び優位に立つ

データ

WWE・NXTとAEW・Dynamiteのレイティング戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。同じ曜日・同じ時間に放送される2つのプロレス番組の間で勃発したレイティング戦争は、2020年に突入して新たな局面を迎えています。

レスリング・オブザーバーによれば、1月15日放送分の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 700,000人(前週721,000人)
  • Dynamite: 940,000人(前週947,000人)

両番組とも横ばいの数字となりました。AEWは2020年に入ってからの3度の放送でいずれも90万人台の視聴者を獲得。数字が落ち込んでいた2019年12月から見事に数字を回復させています。

一方のNXTの2020年は苦しい出だしとなっています。1月1日放送回は548,000人と低調で、7日、15日ともに70万人台。Dynamiteに連勝していた時期もありましたが、勢いを取り戻したDynamiteに苦戦している状態です。

もう1つの重要な数字である19−49歳の視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.21(前週0.19)
  • Dynamite: 0.38(前週0.36)

こちらもDynamiteが圧倒しています。Dynamiteは50代の男女以外のすべての年齢・性別層でNXTを上回っています。これはDynamiteの放送開始からしばらくの間見られた傾向で、2019年12月には一部がNXTに侵食されてしまった得意分野です。NXTが得意とする50代以上の男女の数字もギリギリの勝利(NXT: 0.35、Dynamite: 0.34)となってしまいました。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

レイシスト&いじめ疑惑が持ち上がっているテッサ・ブランチャードが声明を発表。「はっきり言って、Nワードは使っていない」
現地時間1月12日に開催されたインパクト・レスリングのPPV"Hard To Kill"でチャンピオンのサミ・キャラハンを破り、インパクト世界王座を獲得したテッサ・ブランチャード。同王座初の女性王者という偉業を達成したテッサですが、ショーの...
元ECWのタズがAEWと複数年契約を結ぶ
ECWとWWEで活躍したタズがAEWと複数年契約を結んだことが明らかになりました。 タズはECWでECW世界ヘビー級王座など複数のベルトを獲得する大活躍したあとでWWF(WWE)に移籍。WWFハードコア王座を戴冠しました。現役...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ、ドラゴン・リー、エル・ファンタズモのROH遠征が決定。オスプレイは約1年半ぶり、ファンタズモは初
レッスルマニア・ウィークエンド中に開催されるROHの興行"SUPERCARD OF HONOR"に参加する新日本プロレスレスラーが追加発表されました。 今日、ROHは、ウィル・オスプレイ、エル・ファンタズモ、ドラゴン・リー(リ...
タイトルとURLをコピーしました