スポンサーリンク

マット・ハーディは「新日本プロレスにも出場可能」な契約をAEWと結んだ模様

ニュース

現地時間3月18日に放送されたAEW・Dynamiteにサプライズ登場し、The Eliteと共闘してクリス・ジェリコのヒールユニット”The Inner Circle”と対立することになったマット・ハーディに関するニュースです。

有名なレスラーがフリーエージェントになった時、契約先として噂されがちなのは、WWE、AEW、新日本プロレスの3団体です。多くの場合はWWEかAEWのどちらかが移籍先となることが多いものの、外国人レスラーにとって新日本が魅力的な職場であることは、ジョン・モクスリーやクリス・ジェリコが継続参戦していることからもわかります。

最近、Twitterで「新日本に出ることはできる?」と聞かれたマットは、こう答えています。

できる契約を結んだよ。実を言うと、何らかの形でレッスルキングダムに出る機会があればいいな、と思ってる。

弟のジェフ・ハーディは2011年のレッスルキングダム5で内藤哲也を相手にTNA世界ヘビー級王座の防衛戦を行ったことがあるものの、マットは新日本のリングに上がったことがありません。最後の日本での試合は2014年1月11日にWrestle-1が開催した武藤敬司の30周年記念大会。真田聖也、TAJIRIとのスリーウェイ・マッチでした。

来日が実現することはあるのでしょうか?

あわせて読みたい

マーティ・スカルがROH残留を決めた理由を語る。なぜ彼はAEWに移籍しなかったのか?
2020年1月、The Eliteメンバーのマーティ・スカルがROHに残留し、ヘッドブッカーに就任することが明らかになりました。彼はEliteメンバーが中心となって旗揚げした団体AEWへの移籍が本命視されていただけに、このニュースは多くのフ...
【WWE】ウォルターはトリプル・スレット・マッチが嫌い。一体なぜ?
NXT UKで素晴らしい活躍を見せているウォルター。最新のインタビューで、特殊形式の試合が苦手であることを明かしました。特に嫌いなのはトリプル・スレット・マッチとのこと。一体なぜなのでしょう? ある主催者がトリプル・スレット・マッ...
タイトルとURLをコピーしました