スポンサーリンク

【WWE】ロンダ・ラウジーの”Fake Fight”発言にWWEスーパースターから反論の声が出る

ニュース インタビュー

2019年のレッスルマニア35を最後にリングに上がっていないロンダ・ラウジーの発言が話題になっています。

スティーヴォーのPodcast番組に出演したラウジーは、WWEでの活動について語りました。フルタイムでの活動に戻ることはない、不愉快なファンにエネルギーをあまり使いたくない、などと語る中で、こんな発言をしたのです。

WWEのことを愛しています。とても楽しかった。ロッカールームのガールズが大好きですよ。出ていって“Fake Fight”をやるのは一番いいことです。振り付けが大好き。演じることが大好き。演劇が大好き。

この”Fake Fight”という言葉に対し、ラナとアレクサ・ブリスが反論しています。

ラナ: 彼女の”Fake Fighting”なんて厚かましい発言には言葉もない!もしフェイクだって言うのなら、なぜペイジとタイソン・キッドはもう戦うことができなくなったの??なぜエッジは11年もプロレスができなかったの????これはリアルなコンタクト・スポーツだ!

ブリス: ふーん。1年近くいなかったのに。「偽物」に違いないね。

ラナの怒りが伝わってきますね。プロレスについてどう思うかは個人の勝手ですが、リング上でのコンタクトは間違いなく本物です。技術で魅せる部分ももちろんありますが、逆水平チョップで飛び散る汗、ジャーマン・スープレックスでリングに叩きつけられる後頭部……絶対にごまかしの効かない部分もあります。

こうした反論に対し、ラウジーは再反論しています。

私がプロレスのことを”Fake Fight”と呼んだことに怒っている人はみんな、”Real Fight”をしたことが一度もない。

Yes, わかってますよ。年に300日もプロレスをするのは信じられないほどきつい。体への負担も大きい。難しい職業です。でも、年に300日も”Real Fight”をしたらどうなるか?死にますよ。

これもわかる。MMAのスーパースターの発言としては説得力がありすぎます。

こうした議論について、どう思いますか?

(Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】スタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが明らかに
WWEは、あるスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを認める声明を発表しました。 1人のWWE職員に新型コロナウイルスの陽性反応が出ました。この問題によるWWEのタレントやスタッフに対するリスクは低いと考えています。3月...
【WWE】埋葬されたAJスタイルズが生存を報告
レッスルマニア36でアンダーテイカーと「ボーンヤード・マッチ」を行い、埋葬されたAJスタイルズがInstagramで生存を報告しました。 土の中からゲーム配信の告知。この投稿の後、実際に配信が行われていたそうです。私は...
タイトルとURLをコピーしました