スポンサーリンク

FTR(The Revival)が”Fear The Revolt”という名称の使用停止命令を受ける

ニュース

2020年4月にWWEから解雇されたThe Revival(スコット・ドーソン & ダッシュ・ワイルダー)。インディシーンに戻ることになった2人は、リングネームをダックス・ハーウッドとキャッシュ・ウィーラーに変更した上で、新たなチーム名を”FTR”(あるいは”The Revolt”、”Fear The Revolt”)とし、新グッズの販売などを行ってきました。

Fear The Revolt
All Merchandise is owned by #FTRAll t-shirts unless otherwise noted are 100% preshrunk cottonAll garments are made to order, please check size chart before orde...

しかし、今後、2人は”Fear The Revolt”という名称を使うことができなくなりました。PWInsiderによれば、2人は同名称についての10ページにも及ぶ使用停止命令書を受け取ったそうです。

命令書を送ったのは、ノースカロライナ州を拠点とする2人のインディレスラー(ケイレブ・コンリー & ゼイン・ライリー)です。2人は”The Revolt”(Revolt!)というチーム名で2015年から今日に至るまで活動しており、チーム名に関連したグッズを制作・販売していました。Cagematchにもチームのページが作られています。

Revolt! « Tag Teams Database « CAGEMATCH - The Internet Wrestling Database
Internet Wrestling Database

4人は知り合いだったそうです。命令書には、こんな辛辣な文章も記述されています。

友人として連絡を取ろうとしたが、断られてしまった。ダックスとウィーラーはヒールとしての立ち振舞を楽しんでいるのかもしれないが、これはリング上の出来事ではない。彼らは結論なしに元友人の私的財産を盗むことはできない。

彼らの行為は違法であるだけに留まらない。ブランドを築き上げるために懸命に働いた人たちの名前を故意に盗むとは、恥知らずだ。

ハーウッド & ウィーラーの弁護士を務めるマイケル・ドッキンズは、彼らのチーム名は今後”FTR”に固定されるだろう、とコメントしています。

我々のクライアントは、自分たちを”Fear The Revolt”と名乗るつもりはなく、一度もそうした意思を持ったことがありませんでした。彼らは常に、そしてあらゆる方法で、チーム名が”FTR”であることを明確にしており、”FTR”は彼らのストーリーラインやクリエイティブによって異なる意味を持つことがあり、またそれを意味することがあるとしています。

彼らは、Dirt Sheetや他人が、彼らが選んだ名前である”FTR”以外の名前を誤って使用したことについての責任を負いませんし、負うこともできません。

海外のDirt Sheetでは、2人のチームを示す名称として”FTR”、”Fear The Revolt”、”The Revolt”の3つが用いられてきました。また、英語版Wikipediaの記述も、2人の動きやDirt Sheetの報道などによって説明が変化していました。

今後は”FTR”に統一されそうです。

(PWInsider)

あわせて読みたい

【WWE】ドリュー・グラックが契約切れで退団。期限前に交渉まとまらず
衝撃的……。 報道によれば、WWEスーパースターのドリュー・グラックが団体を去ったそうです。現在、彼のプロフィールはWWE.comも退団者セクションに移されています。 一体何があったのでしょうか?その詳細...
【AEW】ブロディ・リー(ルーク・ハーパー)が語るAEW入団。「プロレスが得意なんだと分かった気がしている」
2019年4月に所属団体のWWEに対してリリースを要求したものの受け入れられず、同年12月にようやく退団が実現したブロディ・リー(元ルーク・ハーパー)。現在は"The Dark Order"のリーダーとしてAEWで存在感を示しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました