スポンサーリンク

ブライアン・ケイジが語る「WWEではなくAEWと契約した理由」

インタビュー

元インパクト・レスリングのパワーハウス・レスラー、ブライアン・ケイジ。彼は2020年1月にAEWと複数年契約を結んだことが報じられ、現地時間5月23日にAEWが放送したPPV”Double or Nothing”でAEWデビューを果たしました。

【AEW】ブライアン・ケイジが"Double or Nothing"でAEWデビュー!
2020年1月にAEWと複数年契約を結んだと報じられていた元インパクト・レスリングのブライアン・ケイジ。現地時間5月23日に放送されたPPV"Double or Nothing"でようやくAEWデビューを果たしました。 彼が登...

ファンからの知名度が高く、レスラーとして一定の評価を得ていた彼には、WWE入団の選択肢もあったはずです。なぜ彼はAEWを選んだのでしょうか?最新のインタビューで次のように語っています。

俺はさらに大きく、全国的なシーンに行く必要があると感じていたんだ。AEWのように。もう1つ大きかったのは、AEWでは最もユニークでクールな試合が行われていたということ。他の団体では同じような試合が繰り返されていて、しかもエキサイティングではなかったのに対し、AEWはすべての試合が史上初になるかもしれない。

WWEに行くことはなかった。あそこではクリエイティブ・コントロールの権利はあまりなかっただろう。アーティストとしての価値観から言えば、それが大きな理由だったんだ。自分の実力を発揮でき、最も楽しくて興味をそそられる試合ができる場所に行きたい。他のどの団体よりもAEWに行きたいと思っていたんだ。

クリエイティブ・コントロールを重視するレスラーにとっては、AEWはWWEよりも魅力的な場所に映るようです。この傾向は団体設立当時から続いています。これを維持できる限り、AEWはWWEとの争奪戦に立ち向かえるでしょう。

(TSN)

あわせて読みたい

ACHのGCW初参戦が決定!大会は日本でも視聴可能
2018年まで新日本プロレスを含むインディ団体を舞台に活躍し、2019年にWWEに入団したACH。高い身体能力と明るいキャラクターはWWEでも通用するはず……だったのですが、自身のグッズが黒人差別的であると告発。その後怒りが暴走して業界の全...
AEW社長は今後もロースターの拡大を狙っている。「驚かないでほしい」
団体設立2年目でいきなり新型コロナウイルスのパンデミックという強烈な現実と向き合わざるを得なくなってしまったAEW。ウィークリー番組"Dynamite"は一定の盛り上がりを見せており、パンデミックが続く中でも新たなレスラーの参戦が続いていま...
タイトルとURLをコピーしました