スポンサーリンク

AEW社長は今後もロースターの拡大を狙っている。「驚かないでほしい」

インタビュー

団体設立2年目でいきなり新型コロナウイルスのパンデミックという強烈な現実と向き合わざるを得なくなってしまったAEW。ウィークリー番組”Dynamite”は一定の盛り上がりを見せており、パンデミックが続く中でも新たなレスラーの参戦が続いています。

既に優れた人材を多く確保しているAEWですが、社長のトニー・カーンは今後もロースターの拡大を狙っているそうです。彼はファンに「これ以上新顔の参戦はないのではないか」と思わないでほしいと述べた上で、次のように語っています。

私がやりたいのは、今あるものの中で最善の手を打つことです。ということで、さらに新たな人物が登場しても驚かないでほしいんです。

彼は、AEWでビッグネームになって活躍しているレスラーとして、オレンジ・キャシディ、MJF、ダービー・アリン、ジャングル・ボーイ、ベスト・フレンズの名前を挙げています。彼らに活躍の場を与えつつ、そこに優れたレスラーを追加していく。そうすることで団体を進化させ続けていきたいと考えているようです。

テレビ局との契約があるほか、カーン一族が大富豪であるという経済的なメリットを活かして活動できる限り、AEWのロースターは拡大し続けるのかもしれません。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】アスカが対戦を希望するNXTレスラーは誰?
RAW女子王者として活躍中のアスカ。WWE移籍後、常に強い存在感を示している彼女の人気は高く、Youtubeに自身のチャンネルを開設してからはパーソナルな側面にも注目が集まっています。 WWEは今週を"Women's ...
【WWE】シャーロット・フレアーが欠場の理由を語る。「問題を解決するための美容整形手術です」
先月、シャーロット・フレアーが怪我の手術を受けるために欠場に入ることが明らかになりました。 昨日、彼女はTwitterで欠場の理由を語っています。それは、2年前に起きた「豊胸手術」が原因の不調と関係あるものでした。 2018...
タイトルとURLをコピーしました