スポンサーリンク

【WWE】”PG Era”ついに終焉?SmackDownのレイティングが変更されていた

ニュース

WWEの番組内容は様々に移り変わってきました。団体の歴史上最もアツい時代だったとされる”Attitude Era”(1997〜2002)は過激で大人な内容の番組が人気を博しましたが、2008年以降は家族向けのレイティング”PG”(Parental Guidance Suggested。低年齢の子供には不適当とされる可能性のある内容が含まれる)に変更されました。このことが番組内容に満足できないファンを増やすきっかけとなり、WWEの決断には賛否両論があります。

しかし、この”PG Era”は終焉したかもしれません。現地時間8月14日に放送されたSmackDownの最新回では、レイティングが”PG”ではなく、”TV-14″(Parents Strongly Cautioned。14歳未満の子供には不適当と判断される内容が含まれている)に変更されていたのです。

番組内容自体はPG仕様だったようですが、レイティングの変更により、より過激な内容の番組制作が可能になりました。

実は、この”TV-14″はNXTのライバル番組AEW・Dynamiteと同じです。”PG Era”のWWEのテレビ番組では、レスラーの出血は隠されます。しかし、AEWではそうではない傾向にあり、PPVではレスラーが大流血することも。WWEのコンテンツがここまでの内容にいきなり変化するかどうかはわかりませんが、これまでとは異なる内容の試合が実現していく可能性は十分に考えられます。

(fightful)

あわせて読みたい

WWEに初のフランス人女性レスラーが誕生。NXT UKのロースターに加わる
世界中のプロレスラーと契約しているWWEですが、未だに契約したことのない国籍・性別のレスラーはたくさんあります。そのうちの1つ、フランス人女性レスラーがついに誕生することになりました。 南フランス出身の女性レスラー、アマール(...
【WWE】SummerSlamの会場はパフォーマンス・センターではなくなりそう
現地時間8月23日に開催される夏のPPV"SummerSlam"。2020年3月以降、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて番組収録やPPVの会場をWWEパフォーマンスセンターとしてきたWWEですが、夏のビッグイベントの会場はPCではなく...
タイトルとURLをコピーしました