スポンサーリンク

元スーパースターCMパンクが踏み出した新たな一歩 / ビリー・ガンが語る「バティスタ&ゴールドバーグのAEW入団の噂」

ニュースをまとめて紹介。

CMパンクが踏み出した新たな一歩

元WWEの大人気レスラー・CMパンク。2014年にWWEを退団後、UFCと契約を結んでMMAファイターとしての人生を歩みだしました。2018年までに2試合を戦い、契約は終了。この年の夏はパンクを巡る報道が加熱していました。Codyとヤング・バックスはパンクをAll Inに出場させようとしたり、ROHが復帰させようとしたり、WWEがこれらの動きを牽制したりと、パンクを巡って様々な動きがあったようです。しかし、パンクにプロレス復帰の意思はなく、噂されていたAEWへの参加(コメンテーターとして所属の噂もあった)もありませんでした。

現在40歳のパンク。どうやら人生の新たな一歩を踏み出したようです。PWManiaはパンクがCage Fury Fighting ChampionshipsというMMA団体のインタビュアー兼コメンテーターとして働く姿を写真付きで紹介しています。パンクほどのビッグネームであれば、プロレス界で職を得ることは感嘆でしょう。それでもMMAに職を求めるというのは、パンクのプロレス熱が完全に冷え切っていることの証拠ではないかと思います。

 

ビリー・ガンが語る「バティスタ&ゴールドバーグのAEW入団の噂」

AEWがテレビ局との交渉を行う中で、AEWは大衆の興味を引くことができるビッグネームに関心を持っていると噂されていました。その時に名前が挙がっていたのは、元WWEスーパースターのバティスタとゴールドバーグ。2人とも非プロレスファンでも名前を知っているような超ビッグネームです。

バティスタはともかく、AEWとゴールドバーグのつながりは団体の創立が発表された当時から噂されていました。AEWとゴールドバーグの公式ツイッターアカウントが相互フォロー状態だったのです。当時、AEW公式アカウントは団体と関係のないレスラーをフォローしていなかったため、多くのファンが「なぜゴールドバーグとだけ相互フォロー状態なのか?」と不思議がったのです。

この噂について、AEWのプロデューサーに就任した元WWEスーパースターのビリー・ガンがWrestlingInc.comからのインタビューの中でコメントしていましたので、紹介します。

彼らは団体に知名度をもたらすことができるか?答えはイエスだ。彼らを我々のタレントと組み合わせる必要があると私が感じているか?それはノーだよ。

2人はAEWの目指すアスレチックなプロレスができる状態にないでしょうから、ガンのこの判断は当然と言えるでしょう。

Billy Gunn On What Goldberg & Batista Could Bring To AEW
タイトルとURLをコピーしました