スポンサーリンク

【AEW】ファン有りで開催されるPPV”Full Gear”。チケットの売れ行きはどうなっているのか?

ニュース

現地時間11月7日に開催されるAEWのPPV”Full Gear”は、Dynamiteと同様にファンを会場に入れた状態で開催されます。欧米では再び新型コロナウイルスのパンデミックが深刻になっていますが、チケットの売れ行きはどうなっているのでしょうか?

AEWは、チケットを購入するファンに対してあるルールを課しています。

  1. 常にマスクを着用すること
  2. グループ席での販売

チケットの総販売数は925席。チケット販売元のTicketmasterで確認すると、日本時間11月2日時点で残席は73席。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、10月31日時点では84席残っていたそうです。

これまでのAEWのPPVでは、チケットはあっという間に完売することがほとんどでした。未だに完売していない状態について、メルツァーは

  1. 毎週同じ会場(フロリダ州ジャクソンビルのデイリーズ・プレイス)で番組の収録も行っているため、地元ファンがうんざりしている
  2. 新型コロナウイルス

の2つの可能性を指摘しています。

それでも900席近くのチケットを売っているのはさすがだな、とは思います。状況が状況ですからね。Dynamiteのチケットは毎回余っているので、”Full Gear”の売れ行きは良い方です。

ニューヨーク・タイムズによれば、フロリダ州の1日あたりの新型コロナ新規感染者数はここ最近2000~5000人の間を行ったり来たりしている状態です。日本よりも遥かに多い状態であることに変わりはありません。10月31日の死亡者数は41人でした。

“Full Gear”では、AEW世界王座への挑戦権を賭けてケニー・オメガとハングマン・ペイジが激突するほか、同王座チャンピオンのジョン・モクスリーがエディ・キングストンを相手に”I Quit” Matchを行う予定です。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】"ThunderDome"画面への映り込みが検閲されている団体・個人は誰?
2020年8月からWWEが導入している新感覚観戦システム"ThunderDome"。観客席に設置されたディスプレイにファンのバーチャル映像が映し出されるこのシステムには1つの大きな問題があります。 それは、イタズラを防止しきれ...
【WWE】タイでRAW&SmackDownの放送が始まる。ステフの手柄?
WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務め、最近は新たな役職にも就任したステファニー・マクマホンが、WWEの海外戦略拡大を報告しました。 現在、彼女はグローバルセールス&パートナーシップに関する仕事の責任者としても働いています...
タイトルとURLをコピーしました