スポンサーリンク

【WWE】”ThunderDome”画面への映り込みが検閲されている団体・個人は誰?

ニュース

2020年8月からWWEが導入している新感覚観戦システム”ThunderDome”。観客席に設置されたディスプレイにファンのバーチャル映像が映し出されるこのシステムには1つの大きな問題があります。

それは、イタズラを防止しきれないこと。以前はクリス・ベノワやKKK、うたた寝するファンの映像などが画面に映り込み、問題になりました。

【WWE】バーチャル観戦システム"Thunderdome"で悪質なイタズラ。KKKとクリス・ベノワが客席にいたと報告される
先週のSmackDownから、WWEは観客席にファンをバーチャル表示する新システム"Thunderdome"を導入しています。無観客での番組収録が続いていただけに、映像だけとはいえ客席にファンが戻ってきたことは喜ばしいことです。 ...

WWEでは、複数の団体・個人のイメージが画面に映り込まないよう監視し、不適切だと判断したものを排除しているようです。Heel By Natureは禁止リストの画像を入手し、何が、誰が検閲されているのかを明らかにしました。判別可能なイメージのリストは次の通りです。

団体のロゴ

  1. AEW
  2. 新日本プロレス
  3. インパクト・レスリング

個人

  1. トニー・カーン(AEW社長)
  2. Cody(元WWE、現AEW副社長)
  3. ヤング・バックス(AEW副社長)
  4. ケニー・オメガ(AEW副社長)
  5. MJF(AEW)
  6. ブランディ・ローデス(元WWE、現AEWチーフ・ブランド・オフィサー)
  7. マーティ・スカル(ROH)
  8. エンツォ・アモーレ(問題行為が原因でWWEを解雇されたお騒がせ男)
  9. クリス・ベノワ(WWE在籍中に一家心中事件を起こし死亡したスーパースター)
  10. CMパンク(元WWEの人気者)
  11. アルベルト・デル・リオ(元WWE。先日性的暴行と誘拐の罪で逮捕された
  12. ライバック(元WWE)
  13. アシュリー・マッサーロ(元WWE。うつ病に苦しみ、2019年に自殺)
  14. ジム・コルネット(プロレス界の重鎮。プロレスラーの失敗映像をまとめた動画シリーズ”BotchaMania”のアイコン)
  15. ヴィッキー・ゲレロ(元WWEの”Excuse me!”の人。故エディ・ゲレロの妻。現AEW)
  16. 香港旗
  17. 台湾旗
  18. チベット旗

競合団体だけではなく、AEW所属の個人やWWEにとって都合の悪い人物のイメージが避けられていることがわかります。それと、中国への配慮ですね。

あわせて読みたい

【WWE】ショーツィ・ブラックハートが語る「次にメインロースターへ昇格するべき選手」
NXTには優れたレスラーが多数所属しています。しかし、それでもWWEとしては「第3のブランド」であることに変わりはなく、AEW・Dynamiteとのテレビ戦争に苦戦しがちな番組をRAW&SmackDownと同格のように扱いたくないと...
【WWE】タイでRAW&SmackDownの放送が始まる。ステフの手柄?
WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務め、最近は新たな役職にも就任したステファニー・マクマホンが、WWEの海外戦略拡大を報告しました。 現在、彼女はグローバルセールス&パートナーシップに関する仕事の責任者としても働いています...
タイトルとURLをコピーしました