スポンサーリンク

【Impact】カイリー・レイが突然の引退宣言。「もうプロレスラーではありません」

ニュース

現地時間10月24日に開催されたインパクト・レスリングのPPV”Bound For Glory”。女性レスラーのカイリー・レイはインパクト・ノックアウト王座に挑戦する予定でしたが、当日会場に姿を現しませんでした。

団体に無断の欠場。代わりにスー・ヤンが試合に出場し、タイトルを獲得しました。

【Impact】"Bound For Glory"を欠場したカイリー・レイ。欠場の理由は怪我ではなかった?
現地時間10月24日に行われたインパクト・レスリングのPPV"Bound For Glory"。カイリー・レイはディオナ・プラゾの持つインパクト・ノックアウト王座に挑戦する予定でしたが、欠場することに。彼女の代わりに試合に出場したスー・ヤン...

報道によれば、インパクトはレイとの関係を維持しており、復帰を期待しているとされていました。しかし、本人にその気はないようです。

Patreon(月額制のクラウンドファンディング・プラットフォーム)のページを更新したレイは、プロレスラーから引退したことを明かしました。

おはようございます。

ご迷惑をおかけしてしまったこと、誤解を招いてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。私は今体調を崩しています。

このご報告を会員の更新日より前にすることができなかったことも謝罪します。

この場を借りて、私が既にプロレスラーではなくなったこと、現在SNSから距離をおいていることを報告させてください。とても難しい決断でしたが、どうかご理解ください。

2019年にAEWに入団したレイは、Dynamiteの放送が始まる前に退団してしまいました。その後、彼女は精神面に不安を抱えていることを明かしました。

AEW初の退団者となったカイリー・レイが、精神疾患を抱えていること、そしてその対処法について語る
AEWと契約し、旗揚げ興行"Double or Nothing"にベビーフェイス・レスラーとして出場したものの、理由が明かされないまま退団してしまった女子レスラー、カイリー・レイ。現在は再びインディシーンで活動している彼女が、Instagr...

インパクト・レスリングと契約してからは元気そうでしたが……。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

ドク・ギャローズが語る「ギャローズ&アンダーソンがインパクト・レスリングと契約した理由」
2020年4月にWWEから解雇されたドク・ギャローズ&カール・アンダーソンは、古巣新日本プロレスへの復帰をほのめかしつつインパクト・レスリングと契約しました。2人はインパクトと「新日本にも参戦可能」な契約を結んだとされています。 ...
【新日本プロレス】AEWとの接近も噂される中……ROHとの関係はどうなっているのか?
新日本プロレスのハロルド・ジョージ・メイ元社長の退任が発表された後、新日本とAEWの関係に変化が生じる可能性が指摘されました。 メイ社長はAEWとの関係に懐疑的で、AEW側は友好関係を望んでいる。AEW社長のトニー・カーンは、...
タイトルとURLをコピーしました