スポンサーリンク

ドク・ギャローズが語る「ギャローズ&アンダーソンがインパクト・レスリングと契約した理由」

インタビュー

2020年4月にWWEから解雇されたドク・ギャローズ&カール・アンダーソンは、古巣新日本プロレスへの復帰をほのめかしつつインパクト・レスリングと契約しました。2人はインパクトと「新日本にも参戦可能」な契約を結んだとされています。

カール・アンダーソンとドク・ギャローズがインパクト・レスリングと契約したと報じられる
2020年4月にWWEから解雇され、新日本プロレスへの復帰をほのめかしてきたカール・アンダーソン&ドク・ギャローズ。 Sportskeedaのゲイリー・キャシディによれば、2人は以前から契約が噂されていたインパクト・レスリング...
【AEW】ヤング・バックスが語る「Dynamite放送開始前のAJスタイルズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズとのやりとりと壮大な計画」
2019年、3人のレスラーが契約更新の時期にありました。AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズ。元Bullet Clubのメンバーで、WWEでは"The Club"として活動していた仲良し3人組です。全員がWWEへの残留を...
カール・アンダーソンが語るインパクト・レスリングでの活動にかける思い。「ここでキャリアの残りを過ごしたい」
2020年4月にWWEからリストラされたカール・アンダーソンとドク・ギャローズは、7月にインパクト・レスリングへ移籍しました。新日本プロレスへの参戦も可能な契約になっているようですが、どうやら2人はインパクトでの活動に熱い想いを持っているよ...

Podcast番組”The Guerrilla Position”に出演したギャローズは、2人がAEWやROHではなくインパクトと契約した理由を次のように語っています。

そうだな、これまでにも公言してきたことだけど、今後もいい続けることにしよう。スコット・ダモール(インパクト副社長)やインパクトにいる連中だ。特にスコットだね。

カールも俺も彼とは長い付き合いがある。スコットは俺が新日本に行った時のエージェントだったんだよ。カールとスコットの仲は2人がシンシナティでトレーニングをしていた頃にまで遡る。

ダモールと2人が親しいことはアンダーソンも以前語っていましたが、強力な信頼関係にあることがギャローズからも語られた、という形です。

また、WWEを解雇された後のモチベーションについてはこう語っています。

解雇されてからはかなりの刺激があったね。The Machine Gunとやりたいことはたくさんあった。ただ、それはWWEではできないことが多かったんだよ。俺たちはアルコールのビジネスに参入し、自分たちでPodcast番組を作ったり、漫画を作ったりしてる。自分たちでプロレスのイベントを開催し、Impact Plusでショーをやってるんだ。インパクトはやりたいことをやることができる場所だね。

アイデアマンにとって、インパクトはいい環境なのでしょう。ダモールとの信頼関係があるからこそいろんなことに手を出すことができるのかもしれませんね。

(参考: Wrestling-Edge

あわせて読みたい

【新日本プロレス】AEWとの接近も噂される中……ROHとの関係はどうなっているのか?
新日本プロレスのハロルド・ジョージ・メイ元社長の退任が発表された後、新日本とAEWの関係に変化が生じる可能性が指摘されました。 メイ社長はAEWとの関係に懐疑的で、AEW側は友好関係を望んでいる。AEW社長のトニー・カーンは、...
【WWE】"ThunderDome"画面への映り込みが検閲されている団体・個人は誰?
2020年8月からWWEが導入している新感覚観戦システム"ThunderDome"。観客席に設置されたディスプレイにファンのバーチャル映像が映し出されるこのシステムには1つの大きな問題があります。 それは、イタズラを防止しきれ...
タイトルとURLをコピーしました