スポンサーリンク

【AEW】Dynamite最新回の視聴者数がミリオン間近まで上昇。2020年最高のレイティングを記録

ニュース データ

12月のAEWは様々な動きが起きています。ケニー・オメガのAEW世界王座戴冠&インパクト・レスリングのウィークリー番組への出演、スティングの電撃加入、シャキール・オニールのDynamite登場…。想像以上のサプライズがたくさんありました。

現地時間12月9日に放送されたDynamiteのレイティングは2020年最高の結果になりました。スティングのプロモとシャックのインタビューが放送されたこの日、平均視聴者数は約99.5万人。ほぼミリオンです。先週は約91.3万人でした。

2020年の最高値は9月9日放送分の約102万人ですが、この日はライバル番組のWWE・NXTの放送がありませんでした。この数字を例外とカウントすると、今回の視聴者数は2019年10月の初回放送から3回目まで続いたミリオンに次ぐ番組史上4番目の数字となります。

また、18〜49歳の平均視聴率は0.45で、水曜日のケーブルテレビ局で放送された全番組中2位の好成績でした。相変わらず50歳以上の視聴者の獲得には苦労しているものの、若年層のハートを掴むことには成功しています。特に18〜49の男性の平均視聴率は0.57で、前番組中トップ。2位に0.17もの大差をつけています。

一方、NXTも先週から視聴者数を伸ばしたものの、増加数は約1000人でした(658,000→659,000)。Dynamiteに負けずに頑張ってほしいですが、AEWが乗りに乗っている状態なので、苦しいですね…。

(Showbuzz Daily)

あわせて読みたい

【Impact】ケニー・オメガのインパクト参戦で番組の視聴者数が大幅増加
現地時間12月8日に放送されたインパクト・レスリングのウィークリー番組「Impact!」。AEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガが登場するとあって、普段以上のプロレスファンが番組を視聴しました。 レスリング・オブザーバーに...
【WWE】HHHが語るアンダーテイカーの今後。「次の段階に移ろうとしている」
先日放送されたWWE「Survivor Series」で現役生活に終止符を打ったレジェンド中のレジェンド、アンダーテイカー。今後、彼はどのような形でWWEに関わっていくのでしょうか? 「NXT Takeover: WarGam...
タイトルとURLをコピーしました