スポンサーリンク

WWEが番組内でルーク・ハーパー(ブロディ・リー)の大規模な追悼をしなかったことについて、カート・ホーキンスが批判

ニュース

RAWの最新回では、先週土曜日に亡くなったブロディ・リー(元WWEルーク・ハーパー)に対する個人的なトリビュートが多く見られました。選手たちがディスカス・クローズラインやハーパーのきまり文句を披露した一方で、WWEとしての大規模な追悼はありませんでした。

WWEでは「カート・ホーキンス」のリングネームで活躍し、現在はインパクト・レスリングに参戦しているブライアン・マイアーズは、次のように批判しています。

追悼のテンカウントなし?ビデオパッケージもなし?

この男は仲間に愛されていた。我々は悲嘆に暮れているんだ。間違ってるよ。

PWInsiderによれば、RAWが放送される前にトリビュートの撮影が行われていたそうです。また、Fightfulによれば、ビデオパッケージの準備もされているとのこと。ただし、どのタイミングで放送されるかはわからないそうです。

突貫工事のような追悼を避けたかったのか、時期を見計らっているのかはわかりませんが、とにかくWWEからの大規模な追悼は行われるようです。どのような内容になるのでしょうか?

(PWInsider, Fightful)

あわせて読みたい

【海外の反応】「彼は新日本プロレスでの活動を望んでいたのに…」亡くなったブロディ・リーの「If」を語る海外ファンたち
先週土曜日に亡くなったブロディ・リー。AEWと契約する際、彼は新日本プロレスにも参戦可能なオプションを付けていました。 インディーズでの仕事はもう少し限定的になると思う。俺にとって、新日本プロレスは常にバケットリスト(死ぬまでにし...
【WWE】ルーク・ハーパー(ブロディ・リー)の元パートナー、エリック・ローワンが追悼文を発表
12月26日に他界したブロディ・リー(ルーク・ハーパー)へ多くの追悼文が発表される中、リーと共にブラジオン・ブラザーズとして活躍したエリック・ローワンがInstagramで彼の死を悼みました。 ...
タイトルとURLをコピーしました