ヤング・バックス

スポンサーリンク
ニュース

【AEW】ヤング・バックスが契約期間を2024年まで延長することに合意。同団体副社長

世界トップクラスのタッグチーム、ヤング・バックス(ニック & マット・ジャクソン)。AEWの前進となった興行「ALL IN」(2018)をCodyと共に開催し、AEWでは副社長としても働いています。 バックスは2019...
インタビュー

【AEW】ブライアン・ダニエルソンが語る「1999年から2021年にかけてプロレス界に起きた変化」

21世紀のプロレス界を代表するビッグスター、ブライアン・ダニエルソン。現在はAEWに所属し、存在感を示し続けています。 1999年にデビューした彼はキャリア22年。彼が若手だった頃から現在に至るまでの間にプロレス界は変わり続け...
ニュース

【AEW】ボビー・フィッシュとの契約に一役買ったヤング・バックス、そしてアダム・コールのリアクション

先週、AEWは元WWEのボビー・フィッシュとの契約を発表しました。インディシーンで長く活躍し、WWE・NXTでは人気ユニットThe Undisputed ERAの一員として活動していた彼の加入は団体に好影響を与えるでしょう。 ...
ニュース

【AEW】トニー・カーン社長が「クリエイティブにおける権力構造」を語る。「2019年末に変わった」

先日、AEWの副社長たち(Cody、ヤング・バックス、ケニー・オメガ)がクリエイティブへの影響力を失い、名ばかり副社長になっているとBodyslam.netが報じました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーはこれに反論しましたが、社...
ニュース

【AEW】ロースターや「名ばかり」になったと噂の副社長たちのクリエイティブへの関与はどうなっているのか?

先日、AEWで副社長を務めるCody、ヤング・バックス、ケニー・オメガがクリエイティブ面への影響力を失い、「名ばかり副社長」になったとBodyslam.netが報じました。クリエイティブは社長のトニー・カーンが完全に引き継いだ、とされていま...
ニュース

【AEW】CMパンクはメディアスクラムで何を語ったのか?復帰した理由、AEWとの契約内容、ダービー・アリン戦のアイデア、AEWとWWEの違い…

世界中のプロレスファンが待ち望んだ瞬間でした。現地時間8月20日に放送されたAEW Rampageで、CMパンクが復帰したのです。現代プロレス界で最も神格化された存在といえるプロレスラーが、(彼が言うところの)「プロフェッショナル・レスリン...
インタビュー

【新日本プロレス】ジョシュ・バーネットが新日本時代のヤング・バックスとの確執を語る。「ヒールならヒールらしくしとけ」

AXS TVで放送されていた新日本プロレスのウィークリー番組で解説者を務めていたジョシュ・バーネット。「試合を見ながらしゃべる」という難しい仕事をこなしていく中で、彼とヤング・バックスの間に確執が生れていたそうです。 X-Pa...
ニュース

【AEW】副社長たちに摩擦が生じているという噂が流れる。実際のところは……

2019年に設立されたAEWは、新日本プロレスとROHで活躍していたユニット「The Elite」が中心となり、団体運営を行っています。Cody、ヤング・バックス、ケニー・オメガは副社長に就任し、それぞれが重要な役割を担ってきました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました