ワーナーメディア

スポンサーリンク
ニュース

「AEWがワーナーブラザースからのテレビ番組放映権オファーに失望」という噂が否定される

AEWのテレビ番組は放映権契約の更新のタイミングを迎えています。 2019年に旗揚げしたAEWの3番組は、メディアコングロマリットであるワーナー・ブラザース・ディスカバリーの傘下の...
インタビュー

ワーナー・ブラザースがAEW以外のプロレス団体の番組放送を拒否。元WWEフレディ・プリンゼ・ジュニアからの営業を断る

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは複数のテレビ局を所有しており、それぞれ異なる内容のコンテンツを放送しています。 プロレスファンに馴染み深い局はTNTとTBS。どちらも90年代...
ニュース

【WWE】CMパンクがRAWの放送権契約交渉の重要人物になっていると報じられる。AEWのパートナーとの扉も開かれた?

AEWが2023年6月に放送を開始したCollision。放送開始が発表される前の報道によれば、AEWのビジネスパートナーで番組を放送するテレビ局を所有するワーナー・ブラザース・デ...
ニュース

【AEW】伸び悩む番組の視聴率。しかし、パートナーのワーナー・ブラザースは心配していないと報じられる

ここ最近のAEWのテレビ番組は、視聴率や視聴者数が伸び悩む傾向にあります。 現地10月10日は、WWE・NXTと裏番組同士として放送されたDynamiteがあらゆる指標でNXTに大...
ニュース

【AEW】PPVの開催数が大幅に増加する可能性が高いと報じられる。ワーナー・ブラザースが希望

現在、AEWは1年に5つのPPVを開催しています。 春のDouble or Nothing、夏のALL OUT、秋のFull Gear、冬のRevolution。これに加え、初夏に...
ニュース

【AEW】レイティング不調のCollision。放送局の親会社ワーナー・ブラザースが考える「番組の成功基準」とは?

2023年6月に放送が始まったAEWの新番組Collision。 6月17日の初回放送こそ、CMパンクの復帰という大いな話題性もあって80万人を超える視聴者を獲得しましたが、その後...
ニュース

【AEW】トニー・カーン社長が「広告付きの無料配信サービス」進出への興味を語る。「コンテンツの量が増えるにつれて、そのチャンスも増える」

近年、エンタメ業界ではFAST(Free Ad-Supported Streaming TV)と呼ばれる形態の配信サービスへの注目が集まっています。 簡単に言ってしまえば、FAST...
ニュース

【AEW】CMパンクとの関係悪化はワーナー・ブラザースからAEW&トニー・カーン社長への信用低下を招きかねないと報じられる

2021年にAEWへ入団したCMパンク。 約7年ぶりにプロレス界へ復帰した彼はリングの内外で話題を振り撒き続けており、The Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)との大喧...
スポンサーリンク