スポンサーリンク

WWEから解雇されたラーズ・サリバンがベアナックル・ボクシングに興味を示していると報じられる

ニュース

2019年にビッグプッシュが予定されていたものの、様々な問題によってビッグスターへの道が閉ざされてしまったラーズ・サリバン。先日、WWEから解雇されてしまいました。

【WWE】ラーズ・サリバンが解雇されたと報じられる
ビンス・マクマホンから評価され、2019年に大プッシュのチャンスを得ながらも様々な問題が原因でスターダムに上り詰めることができなかったラーズ・サリバン。 怪我の影響もあり、メインロースターとしての試合数...

退団後の活動はどうなるのでしょうか?もしかしたら、リングには上がるものの、それはプロレスラーとしてではないかもしれません。

レスリング・オブザーバーによれば、彼はボクシングのトレーニングを積んでいるとのこと。その目的は、プロボクサーになることではなく、ベアナックル・ボクシング、つまり素手でぶん殴りあう競技のイベントを開催している団体で働くというアイデアのためなのだそうです。

現在32歳のサリバンは、ボクサーに転身には年を取りすぎているかもしれません。しかし、彼は「年齢は関係ない」と考えているとのこと。トレーニングは始まったばかりですが、本気のようです。

ベアナックル・ボクシングのKO集はこちら。かなり容赦のないコンタクトスポーツだということがわかります。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】AXS TVと番組復活の話し合いが行われていると報じられる。インパクト・レスリングとの関係修復が活きるか?
アメリカのテーブルテレビ局AXS TVは、2019年まで新日本プロレスのウィークリー番組を放送していました。しかし、AXS TVの親会社がインパクト・レスリングの親会社を買収し、インパクトの番組を放送するようになったことでAXS TV側の方...
【WWE】カイリ・セイン、古巣スターダムの10周年記念大会への出場許可を得られなかったと報じられる
2020年に帰国し、現在はWWEのアンバサダーとして活動しているカイリ・セイン。彼女は、2021年3月に日本武道館で行われる古巣スターダムの10周年記念大会への出場許可を得るための話し合いをしたものの、交渉はうまく行かなかったと報じられてい...
タイトルとURLをコピーしました