スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガがWWEとの提携の可能性を語る。「プロレス界にはもう正解も間違いもない」

インタビュー

新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、AEWは複数の団体と関係を持つようになりました。インパクト・レスリング & 新日本プロレスと提携しているほか、NWAのサンダー・ロサが定期参戦しています。旗揚げ当初からの提携団体であるAAAとの関係も続いています。

【AEW】ゴミ箱、ジャガイモ、そして竹刀……ケニー & KENTA VS モクスリー & アーチャーは超カオス!
AEW・Dynamiteの最新回のメインイベントは、ケニー・オメガ & KENTA VS ジョン・モクスリー & ランス・アーチャーのタッグマッチ。Falls Count Anywhere, Anything Goes。どこ...
【AEW】トニー・カーンが語る「インパクト・レスリングとの関係」。発端はケニー・オメガのアイデアだった?
現在、AEWとインパクト・レスリングは提携関係にあります。2020年12月にAEW世界王座を戴冠したケニー・オメガがインパクトのウィークリー番組に出演したことを皮切りに、AEW社長トニー・カーンと実況アナウンサートニー・スキアボーネがインパ...

こうした状況にあっても、WWEとの提携はほぼありえないでしょう。WWE側がこれを求めるとは思えません。しかし、WWEスーパースターの中には、団体の意向に縛られるべきではないと考えている選手もいます。

【WWE】フィン・ベイラーが「開かれた禁断の扉」を語る。「制限されるべきではない。大賛成だ」
現地時間2月14日に行われた「NXT Takeover: Vengeance Day」でピート・ダンを相手にNXT王座の防衛戦を行い、防衛に成功したフィン・ベイラー。以前から、彼は団体同士が交流することに肯定的な態度を取ってきました。 ...

AEWの副社長を務めるケニー・オメガは、WWEとの関係などについて、次のように語っています。

大事なことは、俺も彼らの側のことを理解しているということだ。プロレスにはもう正解も間違いもない。プロレスに限ったことではないんだけどさ、俺にとっては、ファンにもっと楽しんでもらえるなら、それは正しいってことなんだと思う。

でも、他団体のことを理解し、違う観点から物事を見ようとしているよ。俺はスーツを着て会議に出るわけでもないし、タイムカードを押すこともないし、数字を見たり、日々、月ごとに行われているデータを把握したりする必要もない。俺はただのパフォーマーだ。この手のことを少しはやってるけどさ、心配事はショーのクオリティとファンを喜ばせることなんだよね。

HHHは少年の心を持ち続けていると思うんだ。彼がどのようにビジネスを運営しているのか、WWEやNXT、その他の関与しているすべての物事をどう見ているのか。彼はファンを思って行動しているんだ。俺は本当にそう思う。だから、HHHが「WWEはビジネスにオープンだ」と言っている時、それを実現することについて心配したり、恐れたりしている人を減らすことができるような状況になれば、彼は実現させるだろうと思う。

でも、俺たちとインパクト、そして新日本の関係は世界的なパンデミックが起きなければ実現しなかったよ(笑)。これを実現するためにWWE側で何が必要かはわからない。でも、WWEには、老若男女あらゆるファンだけではなく、プロレスを知る機会のなかった人、「昔はプロレスを好きだったけど、今はそうではない人」など、いろんな立場のファンにとってより素晴らしいプロレス界を作ることを目指しているエグゼクティブ・バイス・プレジデントが複数人いる。少なくともAEW側ではこのことを理解してるよ。我々も、誰にとっても楽しいものにしたいと思ってる。誰とでも協力して、それがみんなの幸せにつながると思えるなら大賛成だよ。一生懸命ロビー活動をして、実現のためにあらゆる手段を尽くすだろうね。

(talkSPORT)

あわせて読みたい

【WWE】マット・リドルがアンダーテイカーの「WWEはソフトになった」発言に言及。「彼らの時代は今ほど大変じゃなかった」
レジェンドレスラー、アンダーテイカーによる「WWEはソフトになった」発言。 多くのプロレス関係者がこの発言にリアクションしています。 元UFCファイターで、「Elimination Chamber...
【AEW】ジョン・モクスリーが語るブロディ・リー。「タッグを組みたかった」
2020年に死去したブロディ・リー。彼は多くのプロレス関係者から愛されていました。 AEWのトップスターであるジョン・モクスリーは、彼とタッグチームを結成し、層の厚いAEWタッグ戦線に参戦したかったと語っています。 ...
タイトルとURLをコピーしました