スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリーが語るブロディ・リー。「タッグを組みたかった」

インタビュー

2020年に死去したブロディ・リー。彼は多くのプロレス関係者から愛されていました。

AEWによるブロディ・リー(ルーク・ハーパー)追悼番組に対し、ダニエル・ブライアンやビッグEらWWEスーパースターが反応。「何度も泣いたよ」
現地時間12月30日に放送されたAEW・Dynamiteは、肺病によって亡くなったブロディ・リーの追悼番組になりました。 かつて「ルーク・ハーパー」というリングネームで活動していたWWEの仲間たちもこの番組に対してリア...

AEWのトップスターであるジョン・モクスリーは、彼とタッグチームを結成し、層の厚いAEWタッグ戦線に参戦したかったと語っています。

いつかはタッグ戦線に加わりたいと思ってたんだよね。タッグプロレスが好きだしさ。AEWには素晴らしいタッグチームがたくさんあるから、俺も一緒にやりたかった。でも、それには適切なパートナーが必要になる。適当な組み合わせじゃダメだ。

組みたいと思っていたのはブロディ・リーだ。彼は親友だし、何百万回も試合をしてきた。スタイルは噛み合ったはずだ。

WWE在籍中、2人は合計100試合も対戦の機会がありました。2014年にはWWEインターコンチネンタル王座の、2011年にはCZW世界ヘビー級王座のタイトルマッチをしたこともありました。SmackDownのダークマッチで一度だけタッグを組んだこともあったのです。

きっといいチームになったでしょうね……。

【海外の反応】「彼は新日本プロレスでの活動を望んでいたのに…」亡くなったブロディ・リーの「If」を語る海外ファンたち
先週土曜日に亡くなったブロディ・リー。AEWと契約する際、彼は新日本プロレスにも参戦可能なオプションを付けていました。 インディーズでの仕事はもう少し限定的になると思う。俺にとって、新日本プロレスは常にバケットリスト(死ぬまでにし...

(Metro)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリー VS ジョシュ・バーネット、ついに実現へ!
2019年9月に開催された「Josh Barnett’s Bloodsport」は、ジョン・モクスリーとジョシュ・バーネットによるシングルマッチがメインイベントになる予定でした。しかし、モクスリーの肘のコンディションが悪かったため、試合は中...
WWEから解雇されたラーズ・サリバンがベアナックル・ボクシングに興味を示していると報じられる
2019年にビッグプッシュが予定されていたものの、様々な問題によってビッグスターへの道が閉ざされてしまったラーズ・サリバン。先日、WWEから解雇されてしまいました。 退団後の活動はどうなるのでしょうか?もしかしたら、リ...
タイトルとURLをコピーしました