スポンサーリンク

【WWE】サモア・ジョーが「怪我からの復帰」を語る。「予定はまだない。急ぎたくない」

ニュース インタビュー

2000年代のインディシーンを盛り上げたサモア・ジョー。2015年にWWEに入団した彼は、NXT王座やWWE US王座などのタイトルを獲得し、団体に欠かせない存在として活躍してきました。

しかし、近年は怪我が多く、満足な活躍ができていません。2020年2月以来、彼はリングから遠ざかり、RAWの放送席で活動しています。

Sportskeedaのインタビューに応じたジョーは、レスラーとしての復帰について次のように語っています。

予定はまだないね。ただ、安心してほしいんだけど、WWEのメディカルチームは俺のために最善を尽くしてくれている。感謝してるよ。俺たちは時間をかけて復帰に向けて動いてるんだよ。原則、復帰の具体的な予定は計画しないようにしていてね。復帰を急ぎたくないタイプの怪我(脳震盪)なんだよ。

まあ、新型コロナウイルスのパンデミックが続いていることや、参加可能なメディカルチームのメンバーの問題から、技術的な観点で遅れてしまっていることも確かだね。ただ、時間をかけている理由の大半は慎重になっているからだ。俺のレスラー人生が終わるとはまったく思ってないよ。時間をかけさせてくれて感謝してる。

いつか復帰する日が待ち遠しいですね。

(Sportskeeda)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガがWWEとの提携の可能性を語る。「プロレス界にはもう正解も間違いもない」
新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、AEWは複数の団体と関係を持つようになりました。インパクト・レスリング & 新日本プロレスと提携しているほか、NWAのサンダー・ロサが定期参戦しています。旗揚げ当初からの提携団体であるA...
【WWE】ダミアン・プリーストが「次のラテン系スター」にプッシュされるかも
NXTで経験を積んだ後、RAWデビューを果たしたダミアン・プリースト。 彼を評価しているのはファンだけではありません。バックステージでも評判がよく、レッスルマニア37では人気ミュージシャンのバッド・バニーとタッグを組む...
タイトルとURLをコピーしました