スポンサーリンク

【WWE】サーシャ・バンクスが語る「リングネーム決定秘話」

インタビュー

WWEの女子戦線で活躍中のサーシャ・バンクス。女子プロレス界を代表するレスラーに成長した彼女ですが、WWE入団前のリングネームは「メルセデスKV」など、本名にちなんだものでした。

「Broken Skulls Sessions」に出演したバンクスは、現在のリングネームが決まった時の出来事を語っています。

入団した最初の週にリングネーム候補のリストを渡されたんですよ。「サーシャ」と「バンクス」はその中に入っていたけど、それぞれ別の組み合わせだったのを覚えてます。

翌週に試合があったんですけど、その時にサラ・デル・レイから「あなたのリングネームはサーシャ・バンクスだよ」と伝えられました。いい名前だと思いましたね。お金やゴールドを連想させる響きがありますよね。

このことをママに伝えたら、「嫌な名前だね」って言われてしまったんですよ。「メルセデス、それポルノスターみたいだよ。すぐに変えてもらって!すぐ電話しなさい!」って。「そんなことできないよ、冗談でしょ?」と返したのを覚えてます。

あわせて読みたい

【AEW】社長トニー・カーンがゼリーナ・ベガの獲得に興味があることを明かす
2020年11月にWWEから解雇されたゼリーナ・ベガ。その理由は複雑でした。 新日本プロレス & インパクト・レスリングとの提携、スティング & ビッグ・ショーとの契約など、勢いに乗っているAE...
【WWE】カート・アングルが「ザ・ロックの大げさなセルの素晴らしさ」を語る
プロレスにおいて、「セル(sell, 派手に受け身を取る、衝撃を演出するために大きな音を鳴らすなど、プロレスを観客に信じさせるための行為)」は非常に重要な要素の1つです。試合の痛みや感情を観客に伝えるために取られるセルは、時に「大げさじゃな...
タイトルとURLをコピーしました