スポンサーリンク

【WWE】トロピカーナ・フィールドでの番組収録はいつ終わるのか?

ニュース

現在、WWEはフロリダ州セント・ピーターズバーグにあるトロピカーナ・フィールドにThunderDomeのセットを組み、番組の収録を行っています。

この会場はMLBタンパベイ・レイズの本拠地であるため、野球シーズンが到来したら他の会場に移動することになります。

Spectrum Sports 360のジョン・アルバによれば、トロピカーナ・フィールドでの最後の収録は現地時間4月2日のSmackDownにとのこと。レイズの本拠地開幕戦は4月9日。余裕をもって撤収するようです。レッスルマニア37は4月10・11日開催ですから、マニア開催直前で移動することになりますね。

次の収録会場がどこになるのかについて、WWEからの発表はありません。報道では、南フロリダ大学のキャンパス内にある会場が候補になっているとされています。

あわせて読みたい

【WWE】退団のアンドラーデに競業避止義務は課せられるのか?
契約満了を待たずにWWEを退団した選手には90日間の競業避止義務が課せられます。この期間中、彼らは他団体の番組やイベントに出場することができません。需要のある選手であれば水面下で複数団体との交渉が行われ、ファンはそれを妄想することになります...
【新日本プロレス】ビー・プレストリーの新日本参加が終了?契約満了後の動向に注目
NEW JAPAN CUPの決勝戦は激戦でした。鷹木信悟とウィル・オスプレイ、元ジュニアヘビー級の選手たちによる対決を制したのはオスプレイ。試合後、パートナーのビー・プレストリーに非情な攻撃を加えたことが話題になりました。 ト...
タイトルとURLをコピーしました