スポンサーリンク

【新日本プロレス】ビー・プレストリーの新日本参加が終了?契約満了後の動向に注目

ニュース

NEW JAPAN CUPの決勝戦は激戦でした。鷹木信悟とウィル・オスプレイ、元ジュニアヘビー級の選手たちによる対決を制したのはオスプレイ。試合後、パートナーのビー・プレストリーに非情な攻撃を加えたことが話題になりました。

トーナメントを制し、挑戦権を獲得したIWGP世界ヘビー級王座への強い意志の現れ。その背景には、ビーの決断があったのかもしれません。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、このアングルは、ビーが新日本との現在の契約が満了した後で新日本を去ることを決断したことを示している可能性が高いようです。契約がいつまで残っているかは不明ですが、4月4日開催のSAKURA GENESISで行われる飯伏幸太 VS オスプレイのタイトルマッチに登場する可能性はあるとのこと。

ヒール転向後のオスプレイを支えてきたビーが新日本から去ることを決めたのだとしたら、その理由は何なのでしょうか?STARDOMでの活動はどうなるのでしょう?

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】バティスタのWWE殿堂入りが取り消しに?でも理由はポジティブかも
2020年のWWE殿堂入り式典は、新型コロナウイルスのパンデミックが発生したことで中止になってしまいました。殿堂入りが発表されていた獣神サンダー・ライガーが多くのファンやプロレス関係者に歓迎され、スピーチするという機会がなくなってしまったの...
【WWE】ダニエル・ブライアンが引退期間中の葛藤を語る。「なぜ俺は彼らとプロレスをできないんだ?」
21世紀のプロレス界を代表する大スターの1人であるダニエル・ブライアンは、度重なる脳震盪が原因で2016年に引退を表明。その後、2018年に現役復帰を果たしましたが、選手として試合ができない状態だった2年間は葛藤を抱えながら「タレント」とし...
タイトルとURLをコピーしました