スポンサーリンク

【WWE】ウォルターが「NXT UKの重要性」を語る。「アメリカで生活することには乗り気じゃなかった」

インタビュー

2018年から配信が始まったNXT UK。ヨーロッパ各地を拠点とする選手たちを集め、高いクオリティの試合を提供しています。

2019年にWWEと契約したウォルターはNXT UKの中心的存在です。「After The Bell」に出演した彼は、NXT UKの重要性について、次のように語りました。

WWEとの契約を考えたことはなかったんだよね。活動のゴールだとは思ってなかった。[…]ヨーロッパを離れ、アメリカで生活することには乗り気じゃなかったし。ビッグ・ステップだからさ。ほとんどのレスラーにとっては、WWEとの契約はレスラーになる前からの目標だろ?だから喜んで契約するんだよ。俺の場合はそうじゃなくて、WWEで活躍することは現実的なことじゃなかった。

俺がレスラーになった10年前は、プロレス界は今とは違ったんだよね。WWEは他団体と距離を置いていた。でも、才能に溢れた選手たちがたくさんいることに気づいて、オープンな態度を取るようになったんだ。

NXT UKが始まった頃からオファーは来ててさ。俺がインディ界でうまくやれていた頃だ。ちょっとした興味が湧いたんだよね。NXT UKとの話がまとまった時、俺は自分自身のことを考えていた。インディ界での移動スケジュールはきつくて大変で、毎日違うプロモーターのために働いていたし、身の回りのことはすべて自分で整理しなければならなかった。プロモーターに頼った生活をしていると、身動きが取れなくなってしまうこともあり得るんだよね。家で過ごす時間も少なかったし。NXT UKがヨーロッパに焦点を当てたブランドだということは明らかだったから、そこに興味を持ったんだよ。

ウォルターが彼らしさを捨てることなく活躍できている、というのは本当に素晴らしいことだと思います。メインロースターに昇格することがあるかはわかりませんが、間違いなくビッグスター候補です。その才能で大金を稼いでほしいと思います。

(参考: Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】Dynamiteの放送開始から約1年半。社長トニー・カーンがこれまでの道のりを語る
2019年10月に放送がスタートしたAEW・Dynamite。WWE・NXTとのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」は、Dynamite優勢の状態で終結しました。 NXTと比べるとレイティングの成績が優れている...
【AEW】社長トニー・カーンが語る「WWEとの違い」。「長引かせるための安っぽいDQはやらない」
業界最大手のWWEと、2019年に設立されたAEWには、番組の内容に違いはあるのでしょうか?良い意味でも悪い意味でもアメリカン・プロレスを象徴する存在であるWWEとは異なるプレゼンテーションの手段を取ることは、ファンに対する大きなアピールに...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました