スポンサーリンク

【WWE】ザ・グレート・カリが語るSmackDownデビュー。ビンス・マクマホン「アンダーテイカーをやっちまえ」

インタビュー

2006年にWWEと契約し、いきなりアンダーテイカーと抗争するチャンスを与えられたザ・グレート・カリ。インド生まれの巨人は、インタビューでデビューの裏側を語りました。

彼にいきなりチャンスを与えたのはWWEの最高責任者ビンス・マクマホンでした。

ビンスから「君をデビューさせたい。レッスルマニアの後でテレビデビューだ」という話をもらった時は、対戦相手のことは聞いてなかったんだよ。その後、マイケル・ヘイズ(クリエイティブ・ライター)から「すごい日になるぞ。マーク・ヘンリーと試合をしている最中のアンダーテイカーを殺せ。ビンスは『そうだ!テイカーを殺っちまえ!簡単じゃないぞ』と言ってたぞ」と言われてさ。嬉しかったね。

あの瞬間は本当に素晴らしかったよ。世界中がザ・グレート・カリの存在を知ったんだ。ビンスとWWEには感謝しかないよ。

グレート・カリのデビューシーンはこちら。

アンダーテイカーよりもデカい!いろんな意味で強烈なインパクトを残すシーンとなりました。後にWWE殿堂入りを果たすカリの偉大な第一歩の裏には、ビンスからの激烈な指示があったのですね。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】「Qアノンのレフェリー」ドレイク・ヤンガー、バックステージでの役職を降格に
2020年のアメリカ大統領選挙におけるキーワードの1つだった「Qアノン」。Wikipediaの概要には次のように記載されています。 Qアノン(キューアノン、英: QAnon、発音: )、あるいは単にQとは、反証され信用されていないアメリカ...
【WWE】ポール・ヘイマンが「ECWの観客」をWWE殿堂に推薦
伝説のインディ団体として知られるECW。他団体とは一線を画するコンセプト、熱狂的なファンの存在など、業界の異端児として強烈な印象を残しました。 団体を率いたのはポール・ヘイマン。WWEでは名物マネージャーとして大活躍した彼は、...
タイトルとURLをコピーしました