スポンサーリンク

インディ界の雄PWGが復活に向けて動いている?

ニュース

アメリカのインディ界を牽引し続けてきたPWG。最後のイベントは2019年12月20日の「The Makings Of A Varsity Athlete」で、1年半も活動できていません。

PWGは世界中から名選手を集め、クオリティの高いイベントを打ち続けていました。WWE、AEW、NXT……PWGで活躍した選手はあらゆるフィールドで活動を続けています。

活動できない時期が長引いているのは、もちろん新型コロナウイルスの影響が大きく、活動を再開したくでもできない状況が続いているようです。しかし、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、スタッフたちは復活に向けて動いているとのこと。

しかし……彼らの本拠地はロサンゼルスにあるグローブ座です。残念なことに、この会場で満員に近い観客を動員できるようになるまでは、PWGの活動を再開することはないようです。

AEWの人気やプロダクトの内容が安定し、インパクト・レスリングが復活ののろしを上げつつある2021年、PWGがカムバックすることには大きな意義があるように感じます。今も多くのレスラーにとって特別な団体であることに変わりはないでしょうし、別角度からプロレス界を盛り上げてほしいですね。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

AEWマーク・ヘンリーとNXTジョニー・ガルガノが「番組への批判・揶揄」に反論
2021年4月まで「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」を戦っていたWWE・NXTとAEW・Dynamite。彼らに対する批判や揶揄はもはや固定されてきている感があります。 NXTは「RAWとSmackDownで活躍するための育成...
新日本プロレスとWWEの交渉に関する最新情報。AEWトニー・カーンによる挑発プロモ、ダニエル・ブライアン……
先日、レスリング・オブザーバーが報じたスクープが大きな話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉をしている、というのです。 様々な憶測が飛び交いましたが、実際のところは「WWEから新日本への選手派遣」が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました