スポンサーリンク

新日本プロレスとWWEの交渉に関する最新情報。AEWトニー・カーンによる挑発プロモ、ダニエル・ブライアン……

ニュース

先日、レスリング・オブザーバーが報じたスクープが大きな話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉をしている、というのです。

【海外の反応】「ホントかよ?」新日本プロレスとWWEが交渉中という噂、海外ファンはどう思った?
レスリング・オブザーバーによれば、新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉中とのことです。背景や影響などについては下の記事をご覧ください。 水と油……。しかし、可能性はゼロではありません。何かしらの話は本当にあるのでしょう。こ...

様々な憶測が飛び交いましたが、実際のところは「WWEから新日本への選手派遣」が交渉のメインで、ダニエル・ブライアンの新日本参戦などについての会話があったとされています。

今日、オブザーバーはこの件についての最新情報を公開しました。

まず、新日本がどの程度乗り気なのか、という点。この取引がまとまれば、新日本のアメリカでのパートナーシップはWWEが独占するでしょう。AEW & インパクト・レスリングには大きなダメージになります。

新日本プロレスとWWEが提携にむけて交渉中と報じられる
長年に渡って鎖国体制を取ってきたWWE。提携団体に対してNXTの選手たちを貸し出すことはありましたが、本格的な提携はずいぶん長い間見られませんでした。 プロレス界最大の団体であり、孤高の存在でもあるWWE。社長のニック・カーン...

曰く、自分たちにとって非常に大きなメリットがあると判断しない限り、どんな取引にも同意しないだろう、とのこと。NXT JAPANの設立に動いていた2019年、WWEはスターダムやノアなどの団体の買収に動いていましたが、計画は頓挫しました。今回の件もこの時と同様の結果になる可能性もあるようです。

次に、AEWのトニー・カーン社長による挑発プロモについて。

【AEW】トニー・カーン社長が「新日本プロレスとWWEの交渉」に言及。「このビジネスに"カーン"の居場所は1人分しかない」
昨日、レスリング・オブザーバーが報じた大スクープは、世界中のプロレスファンの間で話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けた交渉をしていたというのです。WWE社長ニック・カーン主導の交渉だとされています。 ...

トニーのほうのカーン社長は新日本と定期的に連絡を取り合っています。そのため、このプロモを公開したということは、「新日本とWWEの取引がすぐに成立しない」「そもそも成立しない可能性のほうが高い」と考えているのだろう、とのこと。この交渉を仕切っているWWEのニック・カーン社長を挑発したのは、ただのあてつけではなく、事情を知っているからだろう、ということですね。

また、交渉の「内容」については、メインロースターではなくNXTに焦点を当てたものである可能性が高いそうです。これであれば、両者にとってメリットがありますし、オカダ・カズチカがバロン・コービン相手にジョブする必要もありません。EVOLVEやPROGRESSへの選手派遣と似たようなものかもしれませんね。

そして、仮に取引が成立した場合、気になるのはDBの新日本復帰が実現するかどうかです。オブザーバーによれば、現在の議題には入っていないとのこと。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が語る「他団体との提携拡大」「ドン・キャリスとAEW」
現在、AEWは新日本プロレス & インパクト・レスリング & AAAと定形しており、NWAとの関係も良好です。多くの団体とコネクションを持ち、選手の行き来が行われることは、プロレス界全体にとっていい影響を与えているように見え...
【WWE】ブッカーT「アリスター・ブラックとバディ・マーフィーは間違いなく新日本プロレス向き」
先日、WWEは6人の選手を解雇しました。人員削減に力を入れていること、そしてライバル団体AEWを意識して必要以上に選手たちを囲い込むことに効果を感じられなくなったことが原因だろう、と推測されています。 解雇された6人の中でも、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました